津波予見義務が最大の争点 原発避難者訴訟、あす地裁判決

津波予見義務が最大の争点 原発避難者訴訟、あす地裁判決

…ら60世帯175人。このうち125人は、南相馬市や大熊町など避難指示区域に住んでいた。避難生活による精神的苦痛への慰謝料(事故後から1人当たり月額35…

2月18日(月) 22時16分-社会(カナロコ by 神奈川新聞)

「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国

「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国

…)は、約1年半にわたって福島第1原発の事故に伴う除染作業に従事させられていた。その後、技能実習生向けシェルターに避難していたが、先月になって「これ以上…

2月18日(月) 15時35分-社会(毎日新聞)

<請戸の田植踊>故郷の伝統つなぐ 福島県内外に避難の子どもら集い奉納

<請戸の田植踊>故郷の伝統つなぐ 福島県内外に避難の子どもら集い奉納

…、伝統行事の安波祭(あんばまつり)があった。東京電力福島第1原発事故に伴って県内外に避難した子どもらが集い、色鮮やかな衣装に身を包んで300年の歴史を…

2月18日(月) 13時0分-エンタメ総合(河北新報)

浪江の神社で「安波祭」 鮮やか衣装、優美に「請戸の田植踊」

浪江の神社で「安波祭」 鮮やか衣装、優美に「請戸の田植踊」

…を奉納した。 江戸時代から続く安波祭は、震災と原発事故によって一時場所を変えて実施していたが、同町の避難指示が2017(平成29)年3月末に一部地域を…

2月18日(月) 12時26分-福島(福島民友新聞)

勇壮な神楽と田植踊 浪江で安波祭

 田植踊は県内外に避難している六歳から大学三年までの女性十人が繰り広げた。鈴木寿奈(じゅな)ちゃん(6つ)=南相馬市原町区に避難=は昨年の安波祭で田…

2月18日(月) 10時32分-福島(福島民報)

東海第二原発 周辺住民厳しい声「審査やり直せ」

東海第二原発 周辺住民厳しい声「審査やり直せ」

…らは原子力規制庁に対し、東海第二原発の事業者である日本原電の財政的な基盤をもっと審査するべきという意見や事故時の避難計画をなぜ安全審査に加えないのかと…

2月18日(月) 9時44分-社会(テレビ朝日系(ANN))

原発30キロ圏の医療機関、ヨウ素剤備蓄へ 京都府北部2市

…る高浜、大飯両原発から約30キロ圏内にある舞鶴市、宮津市の10医療機関を対象に、入院患者用の安定ヨウ素剤の備蓄を始める。原発事故で避難が必要になる場合…

2月18日(月) 8時41分-京都(京都新聞)

「若者行かせられない」原発事故で無人のまち守り6年 志願のじじい部隊勇退

「若者行かせられない」原発事故で無人のまち守り6年 志願のじじい部隊勇退

…、大量の放射性物質が放出された。国は原発の半径20キロ圏内に避難指示を発令。同町の全町民約1万2千人は町外へ避難を余儀なくされた。 鈴木さんは当時、同…

2月18日(月) 6時0分-兵庫(神戸新聞NEXT)

東海第2、県主催説明会 30キロ圏内、6市村終了 県「住民意見分類し検証」

東海第2、県主催説明会 30キロ圏内、6市村終了 県「住民意見分類し検証」

…は、広域避難計画と再稼働問題を含まなかった。県は「県民の意見を聞く方法を現在検討しているが、まずその前提となる安全性の検証と実行性のある避難計画の策定…

2月18日(月) 5時0分-茨城(茨城新聞クロスアイ)

両親の出身地で6歳も踊り奉納 福島・浪江の請戸田植え踊り

両親の出身地で6歳も踊り奉納 福島・浪江の請戸田植え踊り

…寿奈さんの曽祖父母も亡くなった。現在は同県南相馬市で暮らすが、避難指示解除に伴い昨年原発事故後初めて同町で開かれた同祭に両親らと訪れた際に、踊りに興味…

2月17日(日) 22時38分-社会(毎日新聞)