Yahoo!ニュース

【黄色っぽいのは選んだらダメ?】ハズレの新生姜を買わない選び方!たった3つのコツを八百屋が伝授

青髪のテツ野菜のプロ

こんにちは、八百屋歴10年の青髪のテツです。

本格的に暑くなってきて、そうめんなどサッパリとした料理を食べたくなる時期になりましたね。

野菜に置き換えると、サッパリしたものってなんだろうと考えると、やはり薬味野菜を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

特に新生姜は、今しか食べることのできない旬の野菜なんです。

そんな新生姜、普通の生姜と違って鮮度劣化がかなり早いんです。店頭に並んでいるものも、良いものと悪いものが混在している場合もあるのですが、正しい選び方を知っていますか?

そこで今回は「新生姜の選び方」と「新生姜の食べ方」を紹介していきます。

新生姜の選び方

・表面がクリーム色で先端が鮮やかな紅色

・ふっくらしていてずっしりとした重みがある

・切り口がみずみずしい

1つずつ簡単に説明していきます。

表面がクリーム色で先端が鮮やかな紅色

新生姜を選ぶときは、まず「色」に注目しましょう。

鮮度の良い新生姜は表面の色がクリーム色で先端は綺麗な紅色をしています。

鮮度が落ちてくると、徐々に表面は黄色や茶色に変色していきます。また、先端も赤みが失われて枯れたように茶色く変色していきます。

よく先端がカットされた新生姜が売られていることがありますが、あれは先端が変色したり、傷んでしまい、カットして販売されているので、鮮度はあまりよくありません。

ふっくらしていてずっしりとした重みがある

これは農家さんに聞いた話ですが、新生姜はふっくらとした形のものの方が良いそうです。

また、新生姜に限らずどの野菜もそうですが、収穫から時間が経つと徐々に水分が失われて萎れていきます。

なので、ずっしりと重みのある新生姜を選ぶと、より鮮度が良いものを買えますよ。

切り口がみずみずしい

最後に「新生姜の切り口」に注目してください。

新生姜はスーパーで仕入れたものは、原体で届くことが多いので、それを何分の1かにお店で包丁でカットして(もしくは手でポキポキ折って)パック詰めして販売しています。

ですので、加工したての新生姜の切り口はみずみずしく綺麗な状態ですが、加工後時間が経つと徐々に乾燥し黒ずんできます。

仕入れてから時間が経過していない新鮮な新生姜を買うなら、切り口に注目して選ぶと良いですよ。

新生姜の食べ方

新生姜のレシピだと「万能新生姜だれ」というレシピがオススメです。

万能新生姜だれのレシピ」という記事を書いています。

とてもおいしいレシピなので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

新生姜の選び方まとめ

今回は「鮮度の良い新生姜の選び方」を紹介しました。

今回の記事を参考にして、たくさん新生姜を買って、消費していただけると嬉しいです。

この時期は、大パックなどで新生姜が安売りされているのをよくみます。「安いけど使いきれないしな...」と二の足を踏んでいる方がいるんじゃないかなと思います。

そんな方は「新生姜を1ヶ月長持ちさせる保存方法」という記事を別で書いているので、そちらもチェックしてみてくださいね。

野菜のプロ

現役の八百屋。歴は10年です。ブログ「やさいのトリセツ」運営者。書籍「野菜売り場の歩き方」と「おいしい野菜まるみえ図鑑」「マンガでわかるやさいのトリセツ」好評販売中。Twitterフォロワー75万人を超えました。

青髪のテツの最近の記事