Yahoo!ニュース

【レタスの選び方】八百屋はどこを見て鮮度を確認しているの?こっそり教えたいコツ3つ

青髪のテツ野菜のプロ

レタスは生で食べるのはもちろん、軽く炒めても一品になるので、好きな方も多いのではないでしょうか。

しかし、レタスは鮮度が悪いものを選んでしまうと冷蔵庫の中であっという間に傷んでしまうことも…。

そこで今回は、現役八百屋である私が店頭でレタスの鮮度チェックをする際のポイントをこっそり紹介します。

ここを鮮度チェック。その1:芯の切り口が白い

レタスの鮮度が一番わかりやすく確認できるのは、芯の切り口。

切り口が白く、みずみずしいものを選ぶと良いですよ。

切り口が濃いピンク色に変色していたり、乾燥して萎びていたりするものは、カットしてから時間が経っていることが想像できます。

私のお店では、レタスは芯をカットして販売し、当日中に売り切っていたので、濃いピンク色に変色したレタスが店頭に出ていることはありませんでした。

ただ、お店によっては変色してきたら切り戻して販売しているお店もあるようです。

その場合は、芯の切り口だけでは見分けられないので、次に別の見分け方を紹介します。

ここを鮮度チェック。その2:葉先までピンとしている

レタスに限らず、葉物野菜の鮮度を見極めるときは、葉先の状態に注目しましょう。

どの葉物野菜も葉先がピンとしている方が鮮度が良いです。

葉物野菜は収穫から時間が経つと葉先が枯れて茶色くなったり、しおれてきます。

葉先の状態をチェックすることで、鮮度の良いレタスを選ぶことができます。

ここをチェック。その3:重さを確認する

これは鮮度ではないのですが、おいしいレタスを選ぶときは重さに注目しましょう。

ほとんどの野菜は重いものを選ぶのが常識ですが、レタスは軽いものを選んでください。

というのも、レタスはシャキシャキとした軽い食感が魅力の野菜ですが、育ちすぎて重くなったレタスは葉がかたくなりその魅力が失われてしまいます。

重いレタスは風味もよくないので「レタスは軽いものを選ぶ」と覚えておきましょう。

みなさんが利用しているスーパーでも鮮度チェックは毎日していると思いますが、見落としがあることもあると思います。

自分の目でしっかり確認して買うことをおすすめします。

実際に私が八百屋で確認しているポイントを紹介しました。よかったら参考にしてみてくださいね。

野菜のプロ

現役の八百屋。歴は10年です。ブログ「やさいのトリセツ」運営者。書籍「野菜売り場の歩き方」と「おいしい野菜まるみえ図鑑」「マンガでわかるやさいのトリセツ」好評販売中。Twitterフォロワー75万人を超えました。

青髪のテツの最近の記事