Yahoo!ニュース

【泉佐野市】厚切り犬鳴豚チャーシューがのった贅沢なラーメンが味わえる「麺屋上々」

きなたま地方創生ライター(泉佐野市)

「麺屋上々」は南海本線・泉佐野駅から徒歩数分の場所にあります。

店内は白を基調とした清潔感のあるデザインで、落ち着いた雰囲気が漂っています。

席はカウンターが9席と、4人用テーブル席が2つあり、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

「麺屋上々」で提供されている犬鳴豚は大阪府泉佐野市の特産品で、非常に質の高いブランド豚として知られており、この豚肉を使った料理は、この店のラーメンの特徴の一つです。

この店では、醤油や塩、白味噌、赤味噌など、バリエーション豊かなラーメンメニューが揃っており、どれも地元の食材をふんだんに使用しています。

背脂こってり系の醤油、塩も魅力的です。

地元産の白味噌をつかった味噌ラーメンなどもあります。

本日注文した「上々白麺(塩系)「犬鳴豚」厚切り炙りバラチャーシュー入」は、厚切りの犬鳴豚チャーシューがのった贅沢な一品です。(税込1,380円)

犬鳴豚のチャーシューは見た目からして食欲をそそります。厚さが約2センチもある厚切りのチャーシューは、炙られているため香ばしい焼き目がついており、見るからに美味しそうです。噛むとジュワッと肉汁が口の中に広がり、豚肉の旨味がしっかりと感じられます。脂身も適度に含まれており、これが肉のジューシーさを一層引き立てますが、脂っこさは感じません。歯ごたえもほどよく、柔らかすぎず硬すぎず、ちょうどよい食感です。このチャーシューはラーメンのスープや麺との相性も抜群で、特にスープに浸すと一層美味しさが引き立ちます。

スープはベースが豚骨ですが、あっさりとした仕上がりで飲みやすく、野菜スープのような優しい味わいが特徴です。背脂が入っていても重たくなく、むしろさっぱりとした印象を受けます。紫玉ねぎや大葉がアクセントになっており、香りや風味が楽しめる一杯です。中太麺はスープとの相性が良く、食感も満足できるものです。

「麺屋上々」のラーメンは「犬鳴豚」という地元のブランド豚を使用しているのが特徴です。犬鳴豚は泉佐野の自慢の食材で、その美味しさがラーメンに一層の深みを与えています。ランチタイムやディナータイムだけでなく、飲んだ後の締めのラーメンとしても最適です。

【店舗情報】

・店名:麺屋上々

・住所:泉佐野市上町3-9-34

・電話番号:050-3719-1230

・営業時間:【ランチ】11:30-14:00

      【ディナー】18:00-21:00

・定休日:月曜日

・ホームページはコチラ

地方創生ライター(泉佐野市)

泉佐野の魅力を余すことなくお伝えする地域ライター。泉佐野の飲食店や地元イベント、カルチャーをワクワク感たっぷりで取材し、その魅力をお届けします。

きなたまの最近の記事