Yahoo!ニュース

元カープのシン・ソンヒョン3年ぶり本塁打 クロンも一発、ピレラ二発で元広島勢活躍<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
約3年ぶりの一発のシン・ソンヒョン(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

11日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

キウムヒーローズ-トゥサンベアーズ(コチョク)はトゥサンが11-8で勝利。トゥサンの先発、高卒2年目左腕のチェ・スンヨンが6回4安打無失点で、自身の21歳の誕生日を白星で飾った。今季2勝目(1敗)。

トゥサンは7番レフトで先発出場のシン・ソンヒョン(申成鉉、元広島)が6回表2死二塁で、レフトポール際へ特大の1号2ラン。2019年4月16日SK戦以来、約3年ぶりの一発を放った。

シン・ソンヒョンは韓国から京都国際高に野球留学し、同校初のプロ野球選手として2008年ドラフト4位で広島入り。在籍5年間で1軍出場はなく、帰国後に独立球団を経て15年に育成選手としてハンファイーグルス入りした。ハンファの正式登録を経て、17年途中からトゥサンに在籍している。

ハンファでは16年に89試合に出場、8本塁打を記録したが、近年の1軍出場は限られ、昨季は2軍で70試合に出場、打率3割3分1厘、9本塁打、59打点を残していた。今季は主力の故障で今月3日に一軍に昇格し、内野手登録だがこの3試合はレフトで先発出場している。

(関連記事:京都国際高からカープ入りした韓国人選手 母校の甲子園初出場に「誇らしい」

またサムスンライオンズ-SSGランダーズ(テグ)ではサムスンのホセ・ピレラが4、5号の二発。SSGのケビン・クロンが6号2ランを放ち、この日は元カープの3選手がKBOリーグで4本塁打を記録している。

◇5月11日(水)の結果

・LG 5 - 2 ハンファ(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ナム ジミン

・キウム 1 - 5 トゥサン(コチョク)

 勝:チェ スンヨン

 敗:チェ ウォンテ

・サムスン 6 - 5 SSG(テグ)

 勝:オ スンファン

 敗:パク ミンホ

・KIA 5 - 10 KT(クァンジュ)

 勝:オム サンベク

 敗:イ ウィリ

・ロッテ 6 - 5 NC(プサン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:イ ヨンチャン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

映像:5月11日の試合結果紹介(「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ))

◆「NCイ・ドンウク監督解任」

NCダイノスはイ・ドンウク監督の解任を発表。昨年から選手、コーチの球場外でのトラブルが続き、成績不振により停滞したチームの雰囲気を一新するためとしている。監督代行をカン・イングォンヘッドコーチが務める。NCは9勝25敗で最下位。20年にリーグ参入8年目で初優勝するも昨季は7位だった。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

キウムヒーローズ戦に1番ライトで先発出場。1打席目空振り三振、2打席目センター前ヒット、3打席目レフトオーバーの二塁打、4打席目四球、5打席目ショートゴロで4打数2安打1四球2得点だった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。09年から日刊スポーツで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄のスーパー お買い物ガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事