Yahoo!ニュース

ハズレのブロッコリーを買わない選び方!たった3つのコツを八百屋が伝授

青髪のテツ野菜のプロ

こんにちは、八百屋歴10年の青髪のテツです。

10月に入り、かなり秋らしい気温になってきましたね。

少し肌寒くなってくるとシチューが食べたくなるという方も多いのではないでしょうか。シチューに入れる具材と言えば色々ありますが、ブロッコリーは絶対入れたいという方が多いのではないでしょうか。

どうせ食べるなら、より新鮮でおいしいブロッコリーを食べたいですよね。

そこで今回は「新鮮でおいしいブロッコリーの選び方」を紹介していきます。

ブロッコリーの選び方

おいしいブロッコリーは3個のポイントで見分けましょう。

・ツボミがかたく閉まり密集している

・黄色い花が咲いていない

・茎の切り口にスが入っていない

1つずつ簡単に説明していきます。

つぼみがかたく閉まっていて密集している

おいしいブロッコリーを選ぶなら、まずつぼみの状態をチェックしましょう。

鮮度の良いブロッコリーは、つぼみがかたくしまっています。逆に鮮度が落ちてきたブロッコリーは蕾がフワフワとして柔らかくなります。

春のブロッコリーは蕾が柔らかい傾向がありますが、これからの時期のブロッコリーはツボミがかたく閉まっていて、密集しているものを買いましょう。

黄色い花が咲いていない

ブロッコリーは、つぼみ全体が鮮やかな緑色をしているものを買いましょう。

黄色い花が咲いているブロッコリーや咲きかけているものは、食感が悪く収穫から時間が経っており鮮度も落ちています。

花が咲きかけて黄色くなり始めているブロッコリーは避けるようにしましょう。

茎の切り口がみずみずしく穴が空いていない

最後にブロッコリーの茎の切り口をチェックしましょう。

野菜は収穫時ヘタや茎をカットされます。その断面の状態で収穫からどのくらい時間が経過しているのか判断することができるんです。

茎の切り口が茶色く変色していたり、白く乾燥しているブロッコリーは収穫から時間が経ち傷み始めています。

また、茎の切り口に穴が空いているブロッコリーは筋っぽく食感が悪いのでおいしくありません。

みなさんもブロッコリーを選ぶときは切り口をよくチェックして買うといいですよ。

ブロッコリーの選び方まとめ

今回は「新鮮でおいしいブロッコリーの選び方」を紹介しました。

この記事を参考にこれからが旬のブロッコリーをたくさん食べて頂けると嬉しいです。

他にも「ブロッコリーの蕾に潜む虫や汚れを綺麗に除去する方法」や「八百屋一押しの最強のぶどうクイーンニーナ」という記事を書いているので、気になる方は読んでみてください。

野菜のプロ

現役の八百屋。歴は10年です。ブログ「やさいのトリセツ」運営者。書籍「野菜売り場の歩き方」と「おいしい野菜まるみえ図鑑」「マンガでわかるやさいのトリセツ」好評販売中。Twitterフォロワー75万人を超えました。

青髪のテツの最近の記事