Yahoo!ニュース

中4日が基本の助っ人右腕が前半戦で100イニング超え 8勝目を挙げる<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
オドリサメル・デスパイネ(写真:kt wiz)

30日の韓国KBOリーグは1試合が雨天中止。4試合が行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-KTウィズは、KTが初回に打率、打点、本塁打の各部門でリーグトップに立つ、3番メル・ロハス選手のタイムリー二塁打などで2点を先制。KTはその後、5、9回と1点ずつ追加しました。

投げては先発のオドリサメル・デスパイネ投手が7回1失点と好投し、KTは4-1で逃げ切り勝利しています。

デスパイネ投手は150キロ台の直球とツーシームに、カーブ、チェンジアップと緩急を織り交ぜたピッチング。本来のゴロを打たせる投球に加えて、1試合自己最多タイの8つの三振を奪いました。

概ね中4日で先発のデスパイネ投手は、この日が17試合目の登板。8勝目(5敗)を挙げて、シーズンの折り返し地点を迎えたリーグでただ一人、投球回数が100イニングを超えています。KT投手陣を引っ張るデスパイネ投手の活躍でKTは連勝を3に伸ばしました。

◆「チ・ソンジュン(ロッテ)、72試合出場停止」

未成年の女性と連絡を取り合い、トラブルが生じていたロッテジャイアンツのチ・ソンジュン捕手に対して、韓国野球委員会(KBO)はシーズンの半分にあたる72試合の出場停止処分を下しました。

またSKワイバーンズのファームで発覚した複数の案件、後輩選手に対する暴行、飲酒運転、無免許運転に関わった、計6選手にもそれぞれ処分が言い渡されています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合はキウムヒーローズに5-8で敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇7月30日(木)の結果

・トゥサン 5- 8 キウム(チャムシル)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ユ ヒグァン

・SK 1- 9 LG(インチョン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:パク チョンフン

・サムスン 2- 1 ハンファ(テグ)

 勝:キム ユンス

 敗:ユン ホソル

・KIA 1- 4 KT(クァンジュ)

 勝:デスパイネ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。スポニチアネックスで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄のスーパー お買い物ガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事