Yahoo!ニュース

【浜崎あゆみ】 J-POP原点回帰をみせる最新作。globeテイストを感じさせるコラボ曲に注目!

ふくりゅう音楽コンシェルジュ
A ONE / 浜崎あゆみ
A ONE / 浜崎あゆみ

浜崎あゆみの新作アルバム『A ONE』を聴いた。

本作は、小室哲哉による作曲ナンバーが「Walk」、「NO FUTURE」、「Anything for You」、「The Show Must Go On」と4曲。昨年、大きな話題になった宇多田ヒカルの「Movin' on without you」のカバー。アジア全土で圧倒的な人気を誇るJJ Linとのコラボ「The GIFT」など、注目作やシングル・チューンを収録しながらも、書き下ろし新曲を8曲収録している意欲作だ。

30歳の社会学者、古市憲寿氏があゆのことを「最後のカリスマ」と呼び、歌詞の魅力を絶賛していることは知られている。では、90年代の成功、00年代の成長、テン年代以降の世界をあゆはどう生きるのか? どんなことを考えているのか? そんな彼女の“いま”が表現されているのが本作『A ONE』だと思う。

2曲目の、自分語り最高潮なあゆの歌詞が痛快だ。“これやりゃあれがよかった あれやりゃこれがよかった とりあえずいつも何かしら 不満があるのね”と、超攻撃型なメッセージでアルバムは一気に加速する。

誤解を恐れずに言えば、かつてのあゆの作品を好きだったリスナーにも刺さるアルバムだと思う。J-POP王道への回帰、復権を意識したコンセプトに気概を感じる。小室哲哉作曲による3曲目「NO FUTURE」は、globe フィーチャリング 浜崎あゆみとでも表現したくなるスペシャルな世界観がたまらない。TKファンにも要注目な1曲だ。

昨年12月24日にリリースしたバラード3部作と名付けられた「Last minute」、「Zutto...」、「Walk」は、今現在の気持ちの独白であり、心に残るメロディが胸に突き刺さる。本作『A ONE』でも軸となる3曲だ。

J-POP原点回帰をみせた浜崎あゆみは、2015年4月11日(土)より全国アリーナ・ツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2015 A(ロゴ) Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~』を、さいたまスーパーアリーナ公演よりスタートさせている。

『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2015 A Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~』

http://avex.jp/ayu/live/tour.php?id=1000315

以上、ヒットの現場からお届けしましたー。

※この記事は『mu-mo』からの転載です。

http://shop.mu-mo.net/a/st/event/concierge/150410/

音楽コンシェルジュ

happy dragon.LLC 代表 / Yahoo!ニュース、Spotify、fm yokohama、J-WAVE、リアルサウンド、ビルボードジャパン、ミュージック・マガジンなどで、書いたり喋ったり考えたり。……WEBサービスのスタートアップ、アーティストのプロデュースやプランニングなども。著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、DREAMS COME TRUEツアーパンフ、TM NETWORKツアーパンフ、SMAP公式タブロイド風新聞、『別冊カドカワ 布袋寅泰』、『小室哲哉ぴあ TM編&TK編、globe編』、『氷室京介ぴあ』、『ケツメイシぴあ』発売中!

ふくりゅうの最近の記事