Yahoo!ニュース

【札幌市東区】松尾ジンギスカンにランチを食べに行きました

安田優子講師、ローカルタレント、元ラジオパーソナリティ(札幌市)

 どちらかというと、お店にジンギスカンを食べに行くといえば、なにかのお祝いだったり、宴や打ち上げだったり、道外からの友人が遊びに来た時にという場合のほうが多いのですが、みなさんはいかがでしょう?花見やキャンプでジンギスカンというのは定番中の定番ですよね。今回は、とても久しぶりになったのですが、松尾ジンギスカンにランチを食べに行ってきました。

 行ったお店は、札幌北19条東店です。住所は、札幌市東区北19条東8丁目3-2 北光線沿にあります。こちらの店舗には、思い出がありまして、小学生の頃に何かイベントごとがあると親に連れて行ってもらっていた店舗です。なので、かれこれ40年以上ぶりに食べに行きました。駐車場もあるので便利です。

 お店の横には、ジンギスカンの自動販売機もありました。松尾ジンギスカンの肉は、スーパーでも手に入りますが、ここだと24時間買えるようになっています。ジンギスカンのほかには点心札幌の餃子と、サンタクリームのえんとつプリン、そしてサンマルコ食品のジンギスカンコロッケ、も買えるようになっていました。

 ところで、なぜ突然、松尾ジンギスカンの北19条東店にランチに行ったのかというと、松尾ジンギスカンがコンサドーレのクラブパートナーになったのを記念して、10月28日から12月3日まで限定キャンペーンを行っているということで行ってきたわけです。

 北海道コンサドーレ札幌のユニフォームを着用して、直営店舗に来店&飲食利用で、松尾ジンギスカン監修フライドポテトがもらえるというキャンペーンです。ポテトがもらいたいというだけではなく、スポンサーになってくれてありがというの感謝の気持ちもあるので、コンサドーレサポーターとしては、行くしかないじゃないですか。とはいえ、宴会の予定もないので、ランチに行くことにしたんです。

 タッチパネルで注文するようになっていますが、紙のメニューも用意されていました。

 ジンギスカン丼もありましたが、やっぱり目の前で焼きたいと思い、ラムランチセットを注文しました。焼き野菜、ライス、味噌汁、ドリンクもついて1500円というのはお得です。しかもライスはおかわり自由。

 注文したものが届いたら、お店の方が焼き方を説明してくださって、焼き野菜は、溝にと置いて下さり、野菜用のタレをかけてくださいました。

 松尾ジンギスカンといえば、味付きジンギスカンのパイオニア的存在。お肉も柔らかくて、焼き野菜は煮込んだ状態で美味しくいただきました。

 タレがしっかりついてるので、ライスが進み、途中でライスをおかわりをすることに。ということで、お腹いっぱいたべました。

 旦那と一緒にコンサドーレのユニフォームを着て行ってたので、会計時に松尾ジンギスカン監修ポテトチップを1人1袋いただいて帰りました。

 直営店舗での限定キャンペーンは、12月3日まで。是非、コンサドーレのユニフォームを着て行ってみてくださいね。

松尾ジンギスカン札幌北19条東店
札幌市東区北19条東8丁目3-2 北光線沿い
電話番号 011-711-2828
営業時間 11:00~22:30(L.O.22:00)
 ランチメニューのL.O.14:30
定休日 年中無休(12月31日~ 1月2日を除く)
駐車場 店舗横にあり

講師、ローカルタレント、元ラジオパーソナリティ(札幌市)

札幌生まれの札幌育ち。札幌から14日以上離れたことがない生粋の札幌っ子です。 趣味はスポーツ観戦全般(特にコンサドーレ札幌、ヴォレアス北海道、スキージャンプ)、韓国ドラマ鑑賞、女子大生としての勉強です。 教員免許は、高校は地歴公民、情報、家庭、商業、中学は社会、技術、家庭を所持。司書教諭、図書館司書、学芸員の資格もアリ。学ぶことが大好きなので、来年度は、何を勉強しようか検討中です。

安田優子の最近の記事