部下に食事をおごって見返りを求める上司の残念さ

(写真:アフロ)

食事を「おごる」と、ついつい見返りを期待する?

上司が部下に食事を「おごる」ことはよくある出来事です。ビジネスにおいては、部下をねぎらったり、お客様を接待するときに「おごる」という行為はあるでしょう。相手の喜ぶ顔がみたい、自身の甲斐性を見せたいという欲求から、誰かにおごりたいという気持ちが芽生えるのも自然のことです。

とはいえ「おごる」ほうは、無意識のうちに等価交換を考えてしまうことがあります。

等価交換とは、同等の価値があるものを相互交換することです。「おごる」行為をした人は、知らず知らずのうちに「見返り」を期待する心理が働くということです。

「おごる」ことで、相手から「いい人」と思われるだろう、自分のことを気に入ってもらえるかもしれない、仕事に対するモチベーションもアップするかもしれない……。「同等の価値」を要求しなくとも、少しばかりの期待をいだくことでしょう。

しかし部下にとっては、「見返り」を期待しておごられるのは、決して気持ちがいいものではありません。「おごる」側は『ギブ&テイク』を考えずにおごったほうがよいでしょう。特におごり慣れていない上司は意外と、そのような心理に陥ってしまうことがあるので注意が必要です。

「おごられる」側は、当たり前と感じるようになる?

「刺激馴化」という心理現象があります。刺激馴化とは、ある刺激を受け続けると最初に受けた反応が徐々に鈍くなっていく現象です。「おごられる」側は、同じ相手におごられ続けることで、感謝の気持ちが鈍くなり、次第におごられることが「当たり前」と受け止めていってしまいます。

最初は感謝の気持ちをあらわしていた相手も、だんだんと「ありがとう」の言葉も言わなくなり、さらに「刺激馴化」が進めば、おごられないと残念に思うようになります。

いつものように「おごられる」ものと思い込んでいたら、上司から「今日は割り勘ね」と言われた瞬間に、ムッとしてしまった経験はないでしょうか。これは「刺激馴化」が引き起こす感情です。おごられ続けた過去が、その感情を発生させたのです。自分の性格が傲慢で、謙虚さに欠けているわけではありません。

「おごる」ことと信頼の構築は関係がないのか?

接触を繰り返すことで、相手との信頼関係(ラポール)が少しずつ深まっていくことがあります。これを「単純接触効果」と呼びます。美味しい食事をしたり、飲み会をしたり、プレゼントを渡したりするのは、接触する「ネタ」としては、格好の材料です。信頼関係を構築することと「おごる」こととは関係がないので、たとえ「割り勘」であっても、一緒に食事にすることで関係は構築できていきます。

どんなときに上司は部下におごるべきなのか? それは、部下におごりたいと思えば、おごっていい。自分がおごりたいからおごる。それでいいのです。コミュニケーションしたい相手とその機会が増えてラッキーだと受け止める程度でよく、「見返り」は期待しすぎると「残念な上司」とレッテルを貼られる可能性があります。食事を誘っても、部下はいろいろ言って断ってくることでしょう。

部下や後輩におごる場合、上司が抵抗を感じない金額は「2,000円」が平均値だそうです(SMBCコンシューマーファイナンス調べ)。2,000円を目安に、おごるかどうか、判断するのもいいかもしれません。

ほとんどの上司は良かれと思って、部下かに何かを「おごる」のです。したがって、その行為によってお互いの関係がギクシャクしないようにしたいものですね。