2019年、絶対にお金を貯めたい人がやりたい、たった2つのこと

写真はイメージ(ペイレスイメージズ/アフロ)

「2019年こそ、絶対にお金を貯めたい」という人も多いでしょう。そんな人が貯めるためにぜひやりたい、たった2つのことをお伝えします。

今年こそは絶対にお金を貯めたいという人が是非ともやりたいことは次の2つです。

1つ目は目標を作ることです。新年なので今年達成させたいことをリストアップさせましょう。この中で、お金に絡む目標も作りましょう。例えば、海外旅行に行きたい、バッグが欲しい、貯金50万円が欲しいなどなんでも構いません。できるだけ具体的な目標を立てましょう。

それらが実現できたときの自分の姿も想像してみてください。そうして貯金へのモチベーションを上げていくことが大切です。

次に目標のリストを見返して実現可能性を確認して行きましょう。すぐに実現できそうなもの(短期目標)と、金額が大きくてすぐには達成できそうにないこと(長期目標)に分けて考えるのです。

その中で優先順位もつけていきましょう。なぜなら、お金や時間など各人が持っている資源は有限なので何かを達成させたら何かをあきらめないといけないからです。例えば、20万円貯金ができた場合、海外旅行に行くか、ブランド物のバッグを買うかはどちらかになるなどです。

順位をつけにくかったら、短期目標、長期目標でそれぞれトーナメント戦にして競わせていってもよいでしょう。なぜこんな作業をするかというと、自分の中の優先順位を立てるためです。本当に欲しいものは何かを考える力もつきます。

欲しい物のリストアップができたら、2番目にすべきことはお金が貯まる仕組みを作ることです。人は忘れやすいので、本当に欲しいものを手帳などすぐに目につくところに貼っておいてもいいでしょう。写真などを貼り付けておくのも手ですね。こうしておけば、衝動的に何かが欲しくなった時に気持ちを抑えやすくなります。

また、お金を使いやすい仕組みを遠ざけることも大切です。例えば、絶対に目標を達成したいという場合はクレジットカードや臨時収入は使わないといった自分の中に厳しい戒律を作るのも手です。現在はプリペイドカードなど前払い式の電子決済も普及しています。プリペイドならあらかじめ入金した金額以上に使うことがないので安心です。かつ、記録を残すこともできますね。

新年を機に、目標を立て、それを達成しやすくする仕組みづくりを整えてみてはいかがでしょうか。