10月23日(米国時間)、アップルの音楽プレイヤー「iPod」が2001年10月の発表から20周年を迎えました。その役割はアプリに移行し、存在感は薄れつつあるものの、意外な場所で活躍しています。

アップルが初代iPodを発表した2001年、デジタル音楽には90年代後半に登場した「MP3」の影響でまだアングラな印象が残っていました。そこに挑戦したアップルは2003年にデジタル音楽のストア「iTunes Music Store」を立ち上げ、覇権を握ることに成功します。

その後のiPodはストレージ技術とともに進化。フラッシュメモリーを採用した「iPod shuffle」「iPod nano」では本体形状の小型化が進みました。しかし2007年、現在まで続くシリーズ「iPod touch」の登場で再びiPodは大きくなります。

2019年発表の第7世代iPod touch(アップルのプレスリリースより)
2019年発表の第7世代iPod touch(アップルのプレスリリースより)

初代iPod touchのベースになった初代iPhoneは日本で発売されなかったこともあり、最初の「iOS」(当時はiPhone OS)体験が初代iPod touchという人は多いのではないでしょうか。筆者も2007年9月の発売日に購入したのを覚えています。

タッチパネルに触れると滑らかに動く画面は衝撃的で、当時プログラマーとして働いていた筆者は「これで自由にアプリを作れたら世界が変わりそう」と興奮しました。(ただ正直に言うと、これで電話をする人はまずいないだろう、とも思っていました)。

いまではiPodの機能は「ミュージック」アプリとして残っており、iPhoneやiPad、Macはもちろん、Apple Watchでも使えます。最近のモデルなら初代iPodよりも大きい最大8GBまで音楽を保存可能。BluetoothでペアリングしたAirPodsで聴くことができます。

安価なiOS端末として店舗で活躍中

先週、アップルのWebサイトにはちょっとした変化がありました。最上部の「Music」タブ内にあったiPod touchへのリンクが消滅し、いまではページ下部のメニューに残るのみとなっています。

iPod touchはページ下部のメニューに残るのみ(アップルのWebサイトより)
iPod touchはページ下部のメニューに残るのみ(アップルのWebサイトより)

ハードウェアとしてのiPodシリーズはそろそろ役割を終えつつあるように感じるかもしれませんが、意外な場所で活躍しています。それが業務用端末です。

たとえばリクルートライフスタイルの飲食店向けシステム「Airレジ ハンディ」では、月額1万3200円のプランで店員用のオーダー入力端末として5台までのiPod touchやiPhoneを登録できます。

iPod touchには電話などの機能がなく、基本性能も最新のiPhoneには及ばないものの、業務用のアプリを動かすには十分なレベル。本体は88グラムと軽く、32GB版で税込2万3980円という安さも魅力です。

もちろん機能的に上回るiPhoneでも代わりは務まりますが、最も安価なiOS端末としてのiPod touchは唯一無二の存在。いつまで供給が続くのか気になるところです。