大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第20回では、源義経が討たれ、その首が源頼朝のもとに運ばれた。源義経の首を見た源頼朝は何を思ったのか、その点について詳しく掘り下げてみよう。

■源義経の死

 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、ついに源義経が藤原泰衡の軍勢によって討たれてしまった。その状況は、頼朝にどう伝わったのだろうか。

 『吾妻鏡』文治5年5月22日条によると、奥州の飛脚が鎌倉に到着し、藤原基成の館で義経が殺害されたとの一報がもたらされた。義経の首は、追って鎌倉に持参するという。この一報を耳にした頼朝は、ただちに朝廷にこの事実を報告した。

 義経討伐の件は、頼朝の妹婿である一条能保から朝廷に伝えられた。義経が討伐されたことを知った九条兼実は、自身の日記『玉葉』のなかで、「天下の悦び」と記している。兼実は頼朝との親交が厚かったので、このような感想を抱いたのは当然だった。

■義経の首

 同年6月13日、藤原泰衡の使者・新田高平が鎌倉の頼朝のもとに、義経の首を持ってやって来た。その際、高平は腰越(義経が頼朝に面会を拒否された場所)を通過したのだから、何かの因縁を感じるところでもある。

 首実検を担当したのは、侍所別当の和田義盛、同じく所司の梶原景時だった。景時も義経との因縁があったのだから、これもまた何かのめぐりあわせであろう。

 義盛と景時の2人は甲と直垂を身に着け、甲冑を着した郎党20騎を従えて、首実検の場に姿をあらわした。義経の首は黒漆の櫃に納められており、腐敗を防ぐため美酒に浸してあったという。一般的に言えば、首には敬意が払われ、丁寧な処置が行われた。

 とはいえ、旧暦の6月のことだったので、暑かったのは疑いなく、腐敗していないか首の状況が心配になる。高平は、従者2人に義経の首の入った黒櫃を運ばせたという。

■頼朝はどう思ったのか

 首実検の様子を見た者は、在りし日の義経を思い出し、変わり果てた姿に皆涙を流したと伝わっている。ある意味で、人間の感情としては、当然のことと言えるのかもしれない。

 とはいえ、このときの頼朝の心情を伝える記事は、『吾妻鏡』には見えない。大河ドラマで大泉洋さんが演じたように、激しく慟哭したのかは不明である。

 義経討伐を命じたのは頼朝なのだから、少なくとも御家人の面前で大泣きすることはなかっただろう。いずれにしても、このときの頼朝の心情をうかがうのは困難で、永遠の謎といわざるを得ない。