健康的な不安と緊張の持ち方:新型コロナウイルスに心が負けない方法

写真はイメージ:CDC アメリカ疾病予防管理センター(写真:ロイター/アフロ)

<未来を悲観し、過去にこだわり、今を生きられない人がいます。不安になり過ぎて心が壊れないように、健康的な不安で適切な行動が取れるようにして、ウイルスと戦いましょう。>

■不安も大切:健康的で役に立つ不安と緊張を持とう

不安は、必要です。不安が何もなければ、新型コロナウイルスの感染症の予防もできないし、受験勉強もできないし、雨が降るかもしれないと考えて傘を持っていくこともできません。

不安がなければ、私たちはすぐに病気になったり、怪我をしたり、犯罪被害にあったり、雨にも濡れて、入学試験にも落ちるでしょう。

不安になって準備すること、緊張して気を張り、用心することは必要です。

不安と緊張があるからこそ、滑りやすい道でも、気をつけて転ばずに歩くことができるのです。

ネコを使った、こんな実験があります。

ネコが細い棒の上を歩きます。ネコは、器用に落ちずに歩けます。

この時、ネコの足の肉球にサラサラの粉を付けます。そうすると、ネコは上手に歩けず落ちてしまします。

人間も緊張すると手に汗をかきます。これは暑いから汗をかくのではなく、緊張による精神性発汗です。ネコも同じです。細い棒の上を歩こうと思うと、肉球に汗をかいます。汗が滑り止めになって、上手に歩けるのです。汗がなければ、ネコは細い道を落ちずに歩けません。

人間も同様なのですが、人間はネコと違って余計なことを考えます。失敗したら痛いだろうとか、恥をかくとか、考えます。すると、手に汗をかきすぎます。手が汗でびしょびしょになれば、滑り止めどころか、滑りやすくなってしまうでしょう。

不安や緊張は、役に立つ健康的なものもあれば、役に立たない不健康なものもあるのです。

新型コロナウイルスのせいで不安が世界中に広がっている今、どうすれば不健康で役立たずの不安や緊張から自由になり、健康的で有用な不安と緊張を持てるのでしょうか。

■すぐ不安になりやすい人

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2020年3月サンプル記事

碓井真史

価格

550(記事4本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ