「かわいい」の心理学:若者もおじさんも親も上司もかわいくなるために

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

現代社会では、全てのひとに「かわいい」が必要です。でもそれは、弱さを売り物にすることではありません。

■「かわいい」とは

「かわいい」は、現代日本の絶対的価値かもしれません。どんなものでも、かわいくなくてはなりません。強いだけ、賢いだけでは、現代日本社会の中では、生きていけません。

昔なら、クラスの中の強い子、賢い子、美人、金持ちが、力をふるっていたかもしれません。その一つの特徴だけで、みんなが一目置いたかもしれません。でも、今はそれだけではだめです。うっかりしたら、いじめられます。かわいくなくてはなりません。

それは、校長先生も、芸能人も、政治家も企業家も、同じかもしれません。多くの人の目に触れ、評価の対象になる全てのものが、かわいさを求められます。

有能だからといって、社会的地位が高いからといって、それだけでは高く評価されません。それは、いばらない謙遜さとかおもしろいユーモアと言ってもいいかもしれませんが、ひと言で言えば、「かわいい」です。

今や「かわいい」は、日本の枠を超えて、世界に輸出されようとしてます。

しかしそうなると、悩む人がいます。自分はかわいくないと。見た目で悩む人もいますが、見た目だけの問題ではありません。勉強ができてもスポーツができても、それだけではだめで、まるでお笑い芸人のようなコミュニケーション能力がある「かわいい」が求められます。今や、フレンドリーでかわいくない上司も政治家も、上手くいかないのです。

心理学的に言うと、かわいいとは、「ポジティブで、脅威や緊張を感じず、社会的な接近動機づけを伴っている」ものです(大阪大学 入戸野 宏 )。

■人が「かわいい」と感じるとき

人は、色々なときに「かわいい」と感じます。たとえば、赤ちゃんはかわいいですね。一つの原因は、見た目です。哺乳類はみんな丸いものをかわいがります。哺乳類のあかちゃんは、丸っこい姿をしています。たとえ親は精悍な顔つきの猛獣でも、赤ちゃんはみんな丸っこい姿です。その姿を見ると、哺乳類である人間も、「かわいい!」と思うわけです。

人形や模型でさえ、リアルに作ってあるものではなく丸っこく作ってあると、かわいいと感じますね。

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年4月サンプル記事

碓井真史

価格

540(記事3本)

2019年4月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ