少女たちの成長

AKB48は、少女の成長物語です。私はAKBメンバーの方にはお会いしたことはないのですが、「アイドリング!!!」のみなさんには、菊地亜美さんや、まだ中学生14歳の橋本瑠果さんなど、何人かの人と仕事でお会いしてきました。みんな一生懸命な人たちです。

AKBは、「会いに行けるアイドル」として、アイドルを身近なものに感じさせてくれました。私たちは、彼女たちの成長やセンター選び、引退の物語を、ともに歩みながら見てきました。アイドリング!!!は、まさに「現在進行形で成長するアイドル」がコンセプトです。

少女たちは、短い期間に大きく成長します。感情豊かで、思いっきり泣いたり笑ったり、過呼吸を起こしたりしながら。その姿を見る私たちにも、感動を届けてもくれれます。AKB48は、壮大なエンカウンター(出会い)です。

少女に不可能はない!

宿泊研修での「出会い」の力

アイドルでなくても、普通の女の子たちも、ぐんぐん成長します。普通の女の子が、芸能界という非日常の世界で大きく羽ばたくように、普通の女の子たちは、たとえばほんの数日の宿泊研修のような非日常の世界で、見事に成長することがあります(男だって同様に成長しますが)。

「アイカツ」(アイドル活動:「国民的アイドルオーディションゲーム」)のアニメの中でも、アイドル志望の少女たちが宿泊研修(ブートキャンプ)を通して成長する話がありました。