6月12日、柳田悠岐(福岡ソフトバンク・ホークス)は、小川泰弘(東京ヤクルト・スワローズ)からホームランを打った。これは、通算200本目。昨年10月29日の丸佳浩(読売ジャイアンツ)に続く、史上110人目だ。通算100本塁打は、柳田が283人目(2017年6月23日)、丸は284人目(2017年7月6日)だった。

 柳田が最も多くのホームランを打った投手は、7本の有原航平(現テキサス・レンジャーズ)だ。次いで多い4人、5本の牧田和久涌井秀章、4本の岸孝之平井克典のうち、埼玉西武ライオンズの平井以外は、現在、東北楽天ゴールデンイーグルスにいる。

 平井からの4本中、最初の1本は通算100本目。この時は、3打席続けてホームランを打った。投手はいずれも違い、順に、菊池雄星(現シアトル・マリナーズ)、平井、フランク・ガルセスの3人。また、通算200本目の相手である、小川からは2本だ。6年前の2015年5月29日に、通算42本目を記録した。

筆者作成
筆者作成

 ブライアン・ウルフからは、2018年のクライマックス・シリーズでも1本打っているので、それを含めると合計4本になる。美馬学(千葉ロッテ・マリーンズ)に対しては、レギュラーシーズンで1本、クライマックス・シリーズで2本だ。

 1シーズンの1投手最多は、2017年に石川直也(北海道日本ハム・ファイターズ)から打った3本。最初の2本は2日連続で、柳田のシーズン1本目と2本目だった。

 ちなみに、柳田がホームランを打った投手のなかには、大谷翔平(現・ロサンゼルス・エンジェルス)も含まれている。2013年と2015年に1本ずつだ。現監督も2人。2013年に石井一久(現・東北楽天)、2015年に三浦大輔(現・横浜DeNAベイスターズ)から打っている。三浦からのホームランは、スコアボードを直撃した。