イチローもそうなる!? 「シーズン出場が日本開幕の2試合だけ」は前例あり

ジェフ・フィオレンティーノ May 17, 2005(写真:ロイター/アフロ)

 今シーズン、イチロー(シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグでプレーするのは、日本で行われる2試合のみかもしれない。

 シーズン全体のメジャーリーグ出場が日本開幕シリーズの試合しかなかった選手は、過去に1人だけいる。2008年のジェフ・フィオレンティーノがそうだ。当時、オークランド・アスレティックスに在籍していたフィオレンティーノは、東京ドームの開幕シリーズで2試合とも代走起用され、その後、センターを守った。2試合目は打席にも立ち、タイムリー・ヒットを打った。

 だが、日本開幕シリーズのロースターは28人で、通常より3人多い。フィオレンティーノは開幕3試合目の前日に、AAAへ送られた。6月上旬にボルティモア・オリオールズへ移ってからも昇格はできず、AAAでプレーし続けた。メジャーリーグに限ると、打率1.000、出塁率1.000、長打率1.000の「シーズン成績」を残した。

 この2年後、フィオレンティーノは「フィオ」として、広島東洋カープで44試合に出場した。ただ、そのなかに、東京ドームの試合はなかった。

 フィオレンティーノの他に、日本開幕シリーズに出場しながらシーズン全体で10試合未満にとどまった選手は、6人を数える。コール・ニリアックカイル・スナイダージョージ・シェリルの3人は、日本開幕シリーズ後、メジャーリーグで1試合に出場しただけでキャリアを終えた。また、1月に「菊池雄星は史上4人目の「日本でMLBデビューした選手」に!? 3人目は新人王投票2位」で書いたように、ダニー・ヤングは東京ドームでデビューした。メジャーリーグで投げたはこのシーズンしかなく、マウンドに上がったのは、東京ドームとブッシュ・スタジアム(旧)だけだ。ヤングがいたシカゴ・カブスからすると2カード目だが、セントルイス・カーディナルスにとっては開幕シリーズの3試合に、いずれもモップアップ(敗戦処理)として登板した。

筆者作成
筆者作成

 なお、イチローは2012年の日本開幕シリーズに出場していて、この時は1試合目が5打数4安打、2試合目は4打数0安打だった。