イライアス・スポーツ・ビューローによれば、ケリー・ジョンソン(ボルティモア・オリオールズ)は「現在のア・リーグ東地区の全5チームでプレーした史上初の選手」だという。

2014年の開幕をニューヨーク・ヤンキースで迎えたジョンソンは、7月31日にボストン・レッドソックス、8月30日にオリオールズへそれぞれトレードされた。ジョンソンは2011年の終盤戦と2012年はトロント・ブルージェイズ、2013年はタンパベイ・レイズの選手だった。

今後、ア・リーグ東地区を制覇(?)する選手は他にも出てくるかもしれない。すでにユニフォームを脱いでいるが、ホゼ・カンセコはオリオールズ以外、デビッド・ウェルズはレイズ以外のア・リーグ東地区4チームでプレーして、リーチをかけた。

実際、他地区の全5チームでプレーした選手は存在する。全員を調べたわけではないが、少なくともスティーブ・フィンリーマット・ハージェスはそうだった。2人とも、ナ・リーグ西地区の全5チームを渡り歩いた。

ただ、ジョンソンのように、他地区のチームを間に挟まないラウンド・トリップとなると、なかなか実現しそうにない。こちらは、フィンリーもハージェスもやっていない。

ブルース・チェンはアトランタ・ブレーブスでメジャーデビューし、そこからフィラデルフィア・フィリーズ、ニューヨーク・メッツ、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)と移り、ずっとナ・リーグ東地区で投げてきた。だが、その後は2014年9月に解雇されたカンザスシティ・ロイヤルズまで、6チームともナ・リーグ東地区以外のチームだった。

ジョンソンはブレーブスとダイヤモンドバックスでもプレーしているが、それはブルージェイズへ移る前のことだ。現在、ジョンソンは32歳。2014年のシーズン終了後にはFAとなる。次は他地区を巡り歩くのか。それとも、ア・リーグ東地区をもう1周するのだろうか。