コロナが世の中をよくする可能性について――資本主義と民主主義の修復のチャンス

長岡花火(筆者撮影):ニューノーマルの価値観はいずれ花火のように空を覆う

 最近はやりの「ニューノーマル」という言葉には未来への期待が込められている。誰にも先のことはわからない。だがコロナ危機をきっかけに時代が大きく変わると多くの方が感じている。今まで「よいこと」とされてきた常識的なライフスタイルや価値観がしだいに否定されていく予感がある。否定される常識とは、例えば安定した会社勤めが成功という常識、あるいは仕事の充実こそが人生の喜びという常識、経済成長や蓄財が大切という常識、そして競争は切磋琢磨の源だから基本的に是とする常識などである。

 なぜ、そうなるのか?ウィズコロナの時代は経済も投資もスローダウンせざるを得ない。またコロナは社会全体が結束しないと克服できない。社会の分断を助長するトランプ氏やブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領のような扇動的ポピュリストの活躍の場は自ずと少なくなっていく。ウィズコロナの2、3年は経済も政治もクールダウン、あるいはスローダウンせざるを得なくなる。これは現代人に絶妙なタイミングでもたらされた「強制休止」、ラマダンのようなものだ。イスラム教徒はラマダンに断食し自分を見つめなおす。私たちもウィズコロナの期間に暴走する資本主義と制度疲労でぼろぼろの民主主義を見つめ直すことになるだろう。

〇マイノリティの思想が主流化

 近代以降、人類は資本主義のもと競争による切磋琢磨で生産性を上げてきた。現に競争こそがイノベーションの鍵だった。しかし、将来はAIの本格活用で生産性が著しく上がる。高齢化もあいまって、しだいに人々は時間を持て余すようになる。すると若いうちから社会貢献にいそしみ、質素な生活の中でもたくさんの趣味をもって充実した時間を過ごすライフスタイルが賞賛される。すでに2000年以降生まれの若者たち、いわゆるミレニアム世代の間ではミニマリストやノマド的ライフスタイルが憧れの対象になりつつある。これらは最近まではマイノリティ、あるいは異端的な考えとみなされてきたが、コロナを機に一気に市民権を得つつある。彼らにとって「ニューノーマルの時代」とは従来の常識や成功モデルから自由になって自分らしさに忠実な生き方ができる時代を意味するのである。

 彼らミレニアム世代に導かれ、私たちの生活と価値観はしだいに変わるだろう。それは競争主義、拡大思考から利他主義、共感主義へのシフトであり、また「よりよき未来への発展」よりも「何気ない日常の幸せの持続」に重きを置く価値観への転換である。ずいぶん大きな変化、非連続なジャンプと感じる向きもあるかもしれない。だが、実は世代を問わず、いつかこうした日が来ると予感していた人は意外に多いように思う。

 〇いままでのノーマルこそがアブノーマル

 

 例えば、読者のみなさんはこうした思いに駆られたことがないだろうか。夜の都心を歩く。高層ビル群の屋上には航空障害灯が点滅し、窓には煌々と光が灯る。綺麗だ。しかし「こんなたくさんのビルの中で人々は朝から晩まで何をしているんだろう」「ビルは100年以上、ここに存在し続ける。だが本当にずっと全部必要なのか・・・」と。高層ビルの中でヒトの人生の大半の時間が費やされていく。神が宇宙からその姿を見たら、実は養鶏場と変わらないのではないか(失礼)。

この記事は有料です。
改革プロの発想&仕事術(企業戦略、社会課題、まちづくり)のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

改革プロの発想&仕事術(企業戦略、社会課題、まちづくり)のバックナンバー2020年7月サンプル記事

上山信一

価格

214(記事3本)

2020年7月号の有料記事一覧

すべて見る

筆者は経営コンサルタント。35年間で100超の企業・政府機関の改革を手掛けた。マッキンゼー時代は大企業の再生・成長戦略・M&A、最近は橋下徹氏や小池百合子氏らのブレーン(大阪府市、東京都、愛知県、新潟市等の特別顧問等)を務めたほか、お寺やNPOの改革を支援(ボランティア)。記事では読者が直面しがちな組織や地域の身近な課題を例に、目の前の現実を変える秘訣や“改革のシェルパ”の日常の仕事と勉強のコツを紹介する。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

専門は企業,政府,非営利組織の戦略&経営改革。1957年大阪市生まれ。京大法,米プリンストン大学院修士卒.旧運輸省,マッキンゼー(パートナー),米ジョージタウン大学研究教授を経て現職.兼務で大阪府市特別顧問,愛知県政策顧問,国交省政策評価会座長,日本博物館協会評議員,ビジネスモデル学会理事のほか企業の取締役,監査役,顧問等。過去に東京都顧問・特別顧問,東京財団上級フェロー,新潟市都市政策研究所長等を歴任.著書に『改革力』『大阪維新』等。世界117か国を旅した。DMMオンラインサロン「街の未来、日本の未来」主宰 https://lounge.dmm.com/detail/1745/

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「中国がミサイルを増強しているときに何でその了解がいるんですか」会見で新聞記者に噛みついた河野防衛相木村正人8/5(水) 12:53
  2. 2
    <朝ドラ「エール」と史実>「木枯正人のモデル」古賀政男は本当に古関裕而の“ライバル”だったのか辻田真佐憲8/5(水) 8:30
  3. 3
    中国からの「謎の種子」はハイビスカス、アサガオ、ラベンダーなど14種木村正人8/3(月) 17:24
  4. 4
    Go Toトラベルの再検討時期ではないか?沖縄・愛知で独自の緊急事態宣言が出てもこのまま続けるのか鳥海高太朗8/5(水) 18:30
  5. 5
    新型コロナ感染が再拡大する中、通勤や出張を命じられたら?【#コロナとどう暮らす】嶋崎量8/4(火) 9:00
  6. 6
    大阪都構想の特別区設置協定書に「異議あり」の声幸田泉8/5(水) 13:23
  7. 7
    コロナ禍で考える戦後日本の構造的弱点田中良紹8/4(火) 23:42
  8. 8
    スケートボード、キックスケーター、子どもの事故多発に親としてどう備えるべきか柳原三佳8/5(水) 6:00
  9. 9
    「おかねのけいさんできません」男性自殺:追い詰めたのは自治会か、私たちか碓井真史7/31(金) 20:24
  10. 10
    ライブ400本中止の非常事態にどう挑む コロナに立ち向かう音楽都市・福岡【裏方編】加茂川雅仁8/5(水) 11:00