#今月のテック 2019年3月:Appleのサービス特化イベントで見える「4つの狙い所」(後編)

ハード、ソフト、サービスの三位一体での開発の強みを生かす(写真は筆者撮影)

3月25日に開催されたAppleの「It’s Show Time」イベント。イベントの後半は、映像業界で世界的に活躍する著名人が軒並み登壇する華やかさを見せました。

スティーヴン・スピルバーグ
スティーヴン・スピルバーグ
スティーブ・カレル、リース・ウィザースプーン、ジェニファー・アニストン
スティーブ・カレル、リース・ウィザースプーン、ジェニファー・アニストン
ジェイソン・モモアとアルフレ・ウッダード
ジェイソン・モモアとアルフレ・ウッダード
クメール・ナンジアニ
クメール・ナンジアニ
セサミストリート:ビッグバード、コーディ
セサミストリート:ビッグバード、コーディ
J・J・エイブラムス、サラ・バレリス
J・J・エイブラムス、サラ・バレリス
オプラ・ウィンフリー
オプラ・ウィンフリー

しかしハリウッド的な派手さではなく、それぞれが自分の言葉で生い立ちや創造性、メッセージを語る点には、引き込まれました。

例えばリース・ウィザースプーン氏は女優であるだけでなく、プロデューサーであり、起業家であり、女性への教育や啓蒙を拡げる活動家でもあります。そうした人たちが集まって言葉を発する場を共有した、という側面から、今回のAppleイベントを見ることもできるのです。

前回、Appleの体験作りの方法論、そしてターゲティングについて触れました。続いては、各種サービスの米国市場における意味合いと、Appleが改めて発した独自の価値について、考えていきましょう。

レガシー分野のデジタルトランスフォーメーションを促す

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年3月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事2本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ