#今月のテック 1月号 : Netflixの値上げは購読型サービスの一つの怖さを表す

米VIZIOのテレビリモコンに備わるストリーミングボタン(筆者撮影)

Netflix値上げのニュースは定期的にやってきます。2019年1月の値上げで、スタンダードプランの米国における月額料金は12.99ドルになりました。現在Netflixは3つのプランを展開していますが、今回はその3つともが値上げとなり、HDに対応しないベーシックが1ドル値上げされた8.99、そして4Kに対応するプレミアムプランが2ドル値上げされ15.99ドルになりました。

ちなみに日本では2018年11月に値上げ済み。現在の日本の価格はベーシック800円、スタンダード1200円、プレミアム1800円となっています。

Netflixの成長は米国内では頭打ちであると指摘されており、成長の基盤は米国外に移行しつつあるとされています。そのため、米国での収益拡大を目指すには、月額料金の値上げ以外には考えにくいというわけです。値上げにより、安定的に独自コンテンツ制作を行う体制を維持することなどを表明しており、結果としてはNetflixユーザーのエンターテインメントの充実に充てられることになるはずです。

すでにNetflixはテレビと同等もしくはそれ以上の影響力を持つ媒体となりつつあります。日本でも話題となったこんまりこと近藤麻理恵さんの「Tidying Up With Marie Kondo」がNetflixで配信されると、「KONMARI」「Sparking Joy」(ときめき)はSNSでもトレンドワードになりました。ケーブルテレビチャンネルと肩を並べるほどドラマの賞などにノミネートされる作品を作り出していたり、制作力の充実が生き残りの鍵になるとの戦略を維持していることが分かります。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年1月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事3本)

2019年1月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ