#今月のテック 1月号: Appleの2019年第1四半期決算

壇上に立つTim Cook CEO。2018年10月ニューヨークで筆者撮影

米国時間2019年1月29日、Appleは2019年第1四半期決算(2018年10~12月)を発表しました。主なサマライズとしては、以下の通りです。

売上高 843億ドル(前年同期比 -4.5%、歴代2位)

前年同期 883億ドル、ガイダンス890~930億ドル、利益警告後の予想 830億ドル

EPS 4.18ドル(前年同期比7.5%増、過去最高)

地域別売上高

  • 米州 369億4000万ドル(5%増)
  • 欧州 203億6300億ドル(3.3%減)
  • 中華圏 131億6900万ドル(26.7%減)
  • 日本 69億1000万ドル(4.5%減)
  • アジア太平洋地域 69億2800万ドル(1.1%増)

個別の製品のうち、iPhoneについては後ほどみていきますが、ここまでで気になった数字は、ついに、日本の売上高を、アジア太平洋地域が追い抜いたという点。日本は1国で1つの地域として切り出されており、2019年の決算でも引き続きそうした集計が続いていますが、中華圏の落ち込みで、日本とアジア太平洋地域の合計が中華圏を上回るようになっており、今後アジア太平洋地域に組み込まれて扱われる事になるかもしれませんね。

今回の決算のハイライトは、「中国の大減速」「足を引っ張った主力製品のiPhone」という2つの構図が浮かび上がります。それでは早速みていきましょう。そのうち、iPhoneについて、みていきましょう。

なお、iPhone以外のカテゴリを含むフルバージョンは #アップルノート でお読み頂けます。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年1月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事3本)

2019年1月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ