学会は安倍総理のやることを「道徳的に不適格」とは思わないのか

フーテン老人世直し録(483)

極月某日

 トランプ大統領は米国議会下院から弾劾訴追されても、上院で無罪を勝ち取り、それを来年の大統領選にプラスに働かせようとしている。従って建国以来3人しかいない不名誉な弾劾訴追を受けても余裕綽綽である。

 民主党による弾劾を「魔女狩り」と呼び、「米国に対する攻撃」と主張して有権者を引き付けようとする。それを手助けするように18日の下院本会議では、共和党議員がトランプを受難のキリストに、民主党を真珠湾奇襲攻撃の日本軍に擬えた。

 ところが翌19日にトランプ支持基盤の一角であるキリスト教福音派の雑誌が、「トランプ罷免」を求める論評を掲載し、トランプを慌てさせた。トランプは雑誌を「極左」と呼び、猛然と批判を始めている。

 福音派の求めるエルサレムへの米国大使館移転や、「中絶反対」の最高裁判事指名など、福音派のために尽くしてきたのは自分だと主張したが、しかしその雑誌「クリスチャニティ・トゥデー」のマーク・ガリ編集長もCBSテレビやCNNに出演してトランプ大統領を批判している。

 ガリ編集長は「自分たちの立場は中道であり、大統領の批判は正確でない」としたうえで、「トランプ大統領は道徳的に不適格だと判断している」と述べた。そしてその可能性は低いことを認めながらも、上院で罷免されるか、来年の大統領選挙で落選させることを考えていかなければならないと主張している。

 「クリスチャニティ・トゥデー」はキリスト教伝道者ビリー・グラハムが創刊した雑誌だが、ビリー・グラハムは大衆を集め魂を揺さぶる演説を行い、信仰上の「生まれ変わり」を経験させる伝説的人物である。「生まれ変わった」信者は聖書をありのままに受け入れる。

 つまり信者は「悪魔の存在」を認め、また人類がサルから進化したとするダーウィンの「進化論」を認めない。聖書の教えは地球上のすべてを神が創ったからだ。福音派の数は米国有権者の4人に1人と言われ一大勢力である。そのため米国には「進化論」を教えない学校が多数あり、米国民の48%が「進化論」を否定するという調査結果もある。

 福音派は「妊娠中絶」を認めないので、福音派に支持される共和党は「中絶反対」を掲げる。だから米国の政治は常に「中絶問題」が選挙争点になる。湾岸戦争に勝利して支持率が90%近くあったブッシュ(父)大統領がクリントンに敗れたのは、経済の落ち込みと共に中絶問題で女性有権者から嫌われたためだ。

 ブッシュ(父)が黒人で中絶反対の弁護士を最高裁判事に指名すると、中絶するかどうかは女性が決めると主張する女性たちが、ワシントンで「ブッシュを倒せ!」と10万人規模の大デモを起こした。ワシントンに事務所を持っていたフーテンはそれを見て驚いたが、米国政治には必ず宗教が絡むことを知った。

 クリントンの後に大統領になったのは、ビリー・グラハムから洗礼を受けて「生まれ変わった」ブッシュ(子)である。ブッシュ(子)は福音派の熱心な信者で、だからイラク、イラン、北朝鮮を「悪」と名指し、イラクに大量破壊兵器がないにもかかわらず戦争を始めた。

 オバマは福音派とは異なるクリスチャンで「中絶容認」の立場だったが、しかし大統領就任式には福音派の牧師を招きその聖書を使って宣誓した。福音派を敵に回すことは政治的に賢くないと考えたためである。

 そして元来は民主党支持者で、信仰心があるとは思えないトランプは、ブッシュ(子)のやり方を学習し、福音派に取り入ることが絶対的に必要だと考えて大統領選挙に打って出た。だから米国大使館をエルサレムに移し、中絶反対の最高裁判事を指名するなどして福音派を喜ばせてきた。

 しかし「ロシア疑惑」や「ウクライナ疑惑」はトランプが個人の利益のために憲法を裏切っていることを示したとガリ編集長は主張する。そして福音派の別の指導者もガリ編集長の論評を「大きな分水嶺になる出来事」として「トランプが我々の望む裁判官を指名してくれたからと言って、何でも見て見ぬふりは出来ない」と言い、「白人の女性や若い福音派の信者に影響を及ぼすだろう」と予測している。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2019年12月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    感染症対策といえども医師は休めない? 医療現場の状況  山本健人2/18(火) 17:00
  2. 2
    ダイヤモンド・プリンセスの感染対策は「悲惨」 乗船した専門家、「アフリカの方がマシ」 岡田有花2/19(水) 11:39
  3. 3
    “桜を見る会”で注目される「ANAホテル」と「ホテルニューオータニ」は何が違うのか? 瀧澤信秋2/19(水) 7:34
  4. 4
    【現地レポート】人がいなくなった中部国際空港(セントレア)。新型コロナウイルス影響でレストランも閑散 鳥海高太朗2/18(火) 10:27
  5. 5
    シングルファーザーを生きる~PTA問題に切り込んだ思い<前編> 吉田大樹2/19(水) 6:30
  6. 6
    新型コロナ報道、米国の実態とズレたのはなぜ? 猪瀬聖2/19(水) 18:32
  7. 7
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  8. 8
    チャンスは来週月曜! auPAYで20%還元を獲得するコツ、全部教えます 山崎俊輔2/19(水) 11:08
  9. 9
    パート、アルバイトなど非正規労働者にも有給休暇はあります!勤務日数に応じて取得できます。 藤田孝典2/18(火) 14:44
  10. 10
    新型コロナウイルス 国内感染者の発症時期を分析 1月からの"見えない流行"顕在化 楊井人文2/17(月) 18:09