独裁者の妹は核兵器級のソフトパワーになるか?

フーテン老人世直し録(353)

如月某日

 平昌オリンピックの最大の目玉は金正恩北朝鮮労働党委員長の妹である金与正党第一副部長の存在が国際社会に大きく報道されたことである。これまでも兄の陰に隠れるようにしている姿を見てきたが、今回は南北交流の主役として華々しく表舞台にデビューした。

 金与正氏の清楚ないでたち、微笑を浮かべながらしかし相手をしっかり見つめる目つきは優秀な美人官僚のイメージである。傍若無人で極悪非道なイメージの金正恩委員長とは正反対で、北朝鮮を見る世界の見方を変える可能性がある。その効果は核兵器に匹敵するかもしれないとフーテンは思った。

 10日に行われた文在寅韓国大統領との会談で、兄から託されたメッセージの入った青色のファイルをメディアの目を意識しながらテーブルに置く姿に、北朝鮮にはハードパワーとしての核兵器だけでなく、ないと思っていたソフトパワーもあるのだと思わされた。

 メッセージが韓国大統領を北朝鮮に招待し、11年ぶり3回目の南北首脳会談を行おうとするものであることは前から予想されていた。従ってメッセージの内容自体にニュース性はない。しかし清楚なイメージの金与正がメッセージの手渡し役であったことが世界中に印象づけられた。もしかするとそれが南北双方にとって最大の成果かもしれない。

 一度目の南北首脳会談は2000年6月に金大中大統領と金正日国防委員長の間で行われた。米国は民主党クリントン大統領の時代である。1991年のソ連崩壊後に大統領に就任したクリントンは「残された唯一の冷戦体制」である朝鮮半島の統一を政権の課題とすることを一時期は考えた。

 東西ドイツの統一を参考にどれほどの経済負担を韓国が負うことになるかを計算し、その費用は戦前に植民地支配をしながら北朝鮮に対する補償を行っていない日本に負担させる計画だった。ところが北朝鮮に核疑惑が浮上してそれどころではなくなり、逆に第二次朝鮮戦争勃発が現実の問題となる。

 しかし戦争になれば韓国で百万人以上が死傷し、米兵にも十万人規模の被害が発生することが分かり、米国は北朝鮮に核開発の中止と引き換えに軽水炉建設と重油の提供を行うことを約束した。ところがその後の中間選挙で共和党が議会で多数を占め、共和党の反対で約束が果たせなくなる。

 そうした中、「太陽政策」を掲げた金大中大統領が誕生し南北分断以来史上初の首脳会談が行われた。離散家族の再会など南北交流が始められ、それに伴って米国のオルブライト国務長官も訪朝し、南北朝鮮だけでなく米国と日本にも雪解けムードが高まった。

 ところが大統領がクリントンからブッシュ・ジュニアに代わった直後、米国本土を同時多発テロが襲い、ブッシュ・ジュニアは北朝鮮をイラク、イランと並ぶ「悪の枢軸」と宣言する。雪解けは一転し北朝鮮は再び核開発に突き進む。

 米国がイラクの大量破壊兵器保有を理由に先制攻撃をかけサダム・フセイン大統領を処刑すると、北朝鮮は公式に核兵器保有を宣言し、06年には初のミサイル発射と核実験を実行した。

 一方の米国ブッシュ政権はその後、宥和政策に傾いたり強硬姿勢に戻ったりと一貫せず、続くオバマ政権は中東からの米軍撤退に力を入れ、北朝鮮には「戦略的忍耐」を貫いた。その間に北朝鮮は核・ミサイル開発で長足の進歩を遂げ、今や米国本土を狙えるまでになった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年2月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2018年2月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」6月2日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室 東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分 (https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    木村花さんの死が問いかける、ネット上の誹謗中傷の罪とプラットフォームの責任伊藤和子5/24(日) 11:05
  2. 2
    木村花選手の死去によって、悪意が悪意を呼ぶ展開には絶対にしてはならないふじいりょう5/24(日) 14:04
  3. 3
    実は生活保護制度では礼金・敷金・手数料など転居費用を給付 アパートを追い出される前に生活保護申請を藤田孝典5/23(土) 14:46
  4. 4
    黒川検事長「訓告で退職金満額」「メディアもズブズブ」にニュースキャスターたちが示した“違和感”水島宏明5/22(金) 6:30
  5. 5
    安倍昭恵さんとのスリーショット写真の籠池氏証言は真実だった→100万円の証言も真実味が増してくる相澤冬樹5/22(金) 7:21
  6. 6
    マスクの転売で検挙された夫婦、為替レートの変動で起訴できない珍事発生 なぜ?前田恒彦5/24(日) 9:11
  7. 7
    世界中から愛された女子プロレスラー、木村花さんの悲劇はどうして防げなかったのか木村正人5/24(日) 20:36
  8. 8
    「やっぱ無理す」死刑台へのボタンを二度押した寝屋川事件・山田被告「控訴取り下げ」の真相篠田博之5/19(火) 16:46
  9. 9
    それ、お父さんでも頼んだ? 布マスク作り、細かな家庭学習――PTAも学校も「母親前提」の見直しを大塚玲子5/23(土) 8:00
  10. 10
    「日本は成功」海外メディア、新型コロナで手のひら返し猪瀬聖5/24(日) 23:28