「自公圧勝」も「立民躍進」も「野党混迷」も政治の現状を伝えていない

フーテン老人世直し録(334)

神無月某日

 総選挙からほぼ1週間経った。選挙結果を巡るメディアの見出しはもっぱら「自公圧勝」と「立民躍進」で、選挙後はもっぱら「野党混迷」に目が向けられている。しかし「自公圧勝」も「立民躍進」も「野党混迷」も政治の現状を伝えているとは思えない。

 「自公圧勝」も「立民躍進」も議席数はその通りだ。しかしそれが自公や立民にとって喜ぶ話かと言えば内実は単純でない。自民現状維持は想定外の勝利だと思うが公明議席減が安倍政権の今後に影を落とす。また安倍続投は自民党にとって必ずしも喜ぶ話にならない。

 希望の党や民進党の現状を「野党混迷」と呼ぶのなら、「安倍一強」を許し増強させた時代の野党を何と呼ぶべきか。それこそが「野党混迷」の時代で、今の希望の党や民進党の混乱は「混迷」から抜け出るための「生みの何とか」である。

 一昨年、安倍総理が日本の国会審議より先に米国議会で「集団的自衛権行使容認」を約束した時、フーテンは「ネギ背負った鴨が米国に這いつくばった」とブログに書いた。そして「地雷原に入った安倍政権が地雷に触れずに通り抜けられるかどうかが見どころになる」とも書いた。

 すると安倍政権は通常国会を延長し9月に安保法制の強行採決を行った後、野党が要求する臨時国会を開かずに押し通した。年明け通常国会まで3か月以上も時間的余裕があるのに臨時国会を開かなかったのは政治史に汚点を残す。汚点であっても安倍総理は国会を開いて地雷に触れることを恐れた。

 この異常な国会運営は一方で安倍総理を地雷原に引きずり込めない野党第一党民主党の非力さも浮き彫りにした。旧自民党と旧社会党が混在する民主党は野党第一党と言っても国民の不信感を拭いきれておらず選挙は連戦連敗である。それが昨年3月に維新の党と合流して民進党と看板を変えた。

 しかし7月の参議院選挙に敗北し、直後の東京都知事選挙でも4野党統一候補の鳥越俊太郎氏が自民党に反旗を翻した小池百合子氏にダブルスコアで敗れた。看板を変えただけでは駄目だったのである。

 その一方、安保法制強行採決は共産党に画期的な変化をもたらした。野党共闘に前向きになったのである。「安倍一強」を支えるのは公明党の選挙協力だが、これに対抗する野党が候補者の一本化をできないところに問題があった。その構図に変化の兆しが現れた。

 とはいえ自公の選挙協力には18年にわたる積み上げがある。一方の野党共闘は始まったばかりだ。昨年10月の新潟県知事選挙では成果を上げたが国政選挙での実績はない。しかも国政選挙となれば安保政策が重視され、水と油の共産党との共闘に異議を唱える保守系議員も多い。

 安倍政権と公明党の安保政策も水と油なのだが、こちらにはそれを乗り越える政治的な調整機能が働く。つまり大人の対応がある。それが共産党と民進党の間で可能かが不透明だった。そうした状況で安倍総理にもう一つの地雷原「森友・加計問題」が現れた。

 地雷に触れることを恐れる安倍総理は、審議予定になかった共謀罪を持ち出して国民の目をそらすと同時に都議会議員選挙を口実に通常国会を閉じ、再び野党が要求する臨時国会を開かせないため、大義名分のない臨時国会冒頭解散に打って出た。

 選挙後、年内2か月もあるのに安倍政権は臨時国会を開かないつもりである。閉会中審査でお茶を濁し、野党の質問時間を減らそうと画策している。どれほど国会を恐れているかが分かる。「自公圧勝」と言っても安倍総理は地雷に触れないよう逃げ回るしかないのである。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事7本)

2017年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」3月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ひき逃げ死亡事件 時効まであと1年「自首してください…」息子亡くした両親の涙 柳原三佳2/27(木) 6:22
  2. 2
    新型コロナ対策大失敗!政府は一刻も早く国民の海外旅行・海外渡航を自粛・禁止せよ! 山田順2/26(水) 11:25
  3. 3
    「検査が遅いのは厚労省側のウラが?」新型コロナ対策で「NEWS23」上昌広さんの辛口解説を聞け! 水島宏明2/26(水) 15:36
  4. 4
    コロナの影響でマイナビ・ディスコも合説中止~企業・学生は困惑と冷静に二分 石渡嶺司2/26(水) 18:09
  5. 5
    新型コロナ、学校に必要なこと。卒業式はやる?休校にすると授業が足りない? 妹尾昌俊2/26(水) 15:17
  6. 6
    新型コロナ「『重症化してから検査・治療』という政府方針を上昌広医師がテレ朝でも「言語道断」と批判 水島宏明2/27(木) 21:16
  7. 7
    COVID-19 新型コロナウイルスに対して飲食店が打つことができる対策とは 松浦達也2/27(木) 11:19
  8. 8
    新型肺炎「日本は五輪のため感染者を少なく見せようとしている」PCR検査を巡る陰謀論に与するな 木村正人2/27(木) 11:30
  9. 9
    新型コロナウイルスに支店行員が感染した三菱UFJ銀行の対応から学べること 中澤幸介2/27(木) 19:12
  10. 10
    「最新のマスク情報」経産省が公表 「通常の3倍増産中」 新型コロナ対策 岡田有花2/27(木) 12:19