森友問題で安倍政権が打った手はことごとく裏目に出た

フーテン老人世直し録(292)

弥生某日

森友学園の籠池理事長が国会に喚問された23日の証人尋問とその翌日の参議院予算委員会を見ると、森友問題の中心には「祈る人」がいることがよく分かった。

「祈る人」とは安倍昭恵内閣総理大臣夫人である。森友問題が発覚して以来昭恵夫人は何かにつけて神に祈っていることが公表されたメールから分かる。しかし安倍政権はこの問題で打つ手のすべてが裏目に出て「祈り」は神に通じていない。

豊中市にある国有地が森友学園に安く払い下げられ、そこに開校予定の小学校の名誉校長に安倍総理夫人が就任していた問題が初めて国会で追及されたとき、安倍総理は「私も妻も払い下げ問題には関わっていない。もし関わっていたのなら総理大臣も国会議員も辞める」と強く否定した。その強い否定が逆に国民の関心を呼び起こす。

次に財務省理財局長は「面談の記録はすべて廃棄された」と答弁し、なぜそれほど疑惑解明の道を閉ざすのかと思わせた。この否定によって疑惑はますます深まることになる。そして記録がないのなら当事者を呼んでその記憶に頼るしかないと思わせた。

ところが安倍政権は会計検査院にこの問題を処理させて片づけようとした。すべての記録が破棄されたのにどうやって会計検査院は解明することができるのか。フーテンは初めから国政調査権に基づく立法府の調査以外に解明する方法はないとブログに書いた。

検察や警察を含め行政機関はすべて総理官邸の意向通りになるのがこの国の悪しき仕組みである。一方で税金の使われ方をチェックするのが立法府の役目で、国有財産の不適切な問題を解明することはまさに立法府の仕事にふさわしい。

ところが国会では自民党と公明党が「違法性のない案件で民間人を国会に呼ぶわけにはいかない」とかつて聞いたことのない理由で参考人招致を否定した。この否定によって問題の疑惑は全く晴らすことが出来ない状態になった。

一方、建設中の小学校は目を引く派手な造りで、しかも名誉会長は我が国のファーストレディである。さらに森友学園の教育方針は戦前回帰そのもので、幼稚園の園児に教育勅語を暗唱させ、「安倍総理万歳」を叫ばせる。

テレビのワイドショーが飛びつかない訳のない格好の素材である。いやがうえにも関心は高まるが、しかし疑惑解明の道は完全にシャットアウト。それが関心と疑惑をいやがうえにも高めることになる。

しかも大阪では小学校の認可が先か土地の取得が先かの問題で、大阪府と近畿財務局との間に責任のなすりあいが始まり、安倍総理夫妻、財務省、大阪府がそれぞれ保身を強める中で「ただの大阪のおっちゃん」籠池理事長が「しっぽ切り」の対象となった。

安倍総理が籠池理事長を「しつこい」と国会で答弁し自分たちは被害者であることを強調、かつて同志的関係にあった稲田防衛大臣も「関係を断った」と厳しく対応する。そのうち籠池理事長の経歴詐称や申請書類のインチキなど負の材料がどんどん出てきた。

そうなれば籠池理事長の国会招致要求は高まるが、全面否定してきた与党は金縛りの状態から抜けられない。それがまた関心と疑惑を強めさせ、森友問題がメディアに取り上げられない日はなくなった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年3月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事8本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ