日ロ首脳会談は「ネギしょった鴨が這いつくばるの図」再び

フーテン老人世直し録(220)

皐月某日

安倍総理は昨年のゴールデンウィークに米国を訪問し、4月29日に連邦議会の上下両院合同会議で演説した。演説は日本が米国に完全隷属することを宣言する内容であった。直後にフーテンは「ネギしょった鴨が這いつくばるの図」というブログを書いた。

今年のゴールデンウィークは安倍総理が欧州に続いてロシアのソチを訪問し、5月6日にプーチン大統領と平和条約締結交渉を巡って会談した。これまでの報道から伝わってくるのは、再び「ネギしょった鴨が這いつくばるの図」と書きたくなる内容である。

昨年の安倍総理の米議会演説については佐藤健志著『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』(徳岡書店)が詳しく論評しており、フーテンと考え方が近いのでその内容を紹介する。

著者は岸信介の60年安保改定について「とりあえずは対米従属を受け入れつつ、長期的には従属を脱却できるようにしておくという配慮がみられる」として、安倍総理の米議会演説とは対照的だとしている。フーテンが「岸信介と安倍晋三はこれほど違う」を書いたように、この著者も二人を真逆の政治家と見ている。

著者はまず45分間に及ぶ演説の中に日本の歴史や伝統、文化についての言及がないことに驚いている。そして演説の冒頭で安倍総理が歴代の駐日米国大使を「民主主義の輝けるチャンピオン」と呼んだことに注目する。彼らによって日本は民主主義を教えられたと安倍総理は考えているのである。

安倍総理は演説の冒頭で米国は日本に教える側であり、日本は学ぶ側であることを認めた。そして安倍総理は「日本にとってアメリカとの出会いは、民主主義との出会いでもあった」と述べ、19世紀後半の黒船来航以来、日本がアメリカ民主主義にあこがれてきたかのように演説する。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2016年5月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2016年5月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」1月28日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ