ついにとうとう共和党を蹴散らしたトランプ旋風

3日に行われたインディアナ州の共和党予備選挙でドナルド・トランプが圧勝し、2位につけていたテッド・クルーズが選挙戦からの撤退を表明した。これでトランプの候補者指名はほぼ確実と言える。

一方、民主党ではバーニー・サンダーズがヒラリー・クリントンに競り勝った。しかしヒラリーはすでに代議員の過半数に手が届くところに来ており優位は動かない。このため今年のアメリカ大統領選挙はヒラリー・クリントンVSドナルド・トランプの構図が固まってきたようだ。

トランプは3日の勝利演説で、これまでさんざん「嘘つき」呼ばわりをしてきたクルーズを一転して持ち上げ、本選挙でヒラリーを打ち負かすため「共和党の団結」を訴えたが、「共和党を分裂させてでもトランプを引きずり下ろす」と公言してきた「ネオコン」はどうするのだろうか。

現に共和党タカ派の代表格マケイン上院議員の周辺からは「大統領にはトランプよりヒラリーが良い」との声が上がっている。しかもこの予備選で共和党執行部が行ったトランプ引きずり下ろし工作は見苦しく、共和党はダメージがあまりにも大きい。

3月のスーパーチューズデーに圧勝したトランプに対し、共和党執行部はメディアを動員して集中攻撃を仕掛け、フロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員を本命にしようとした。ところがルビオは地元でトランプに惨敗、選挙戦から撤退表明せざるを得なくなった。

これは共和党にとってレーガン以来の選挙戦略の崩壊を意味する。フロリダはキューバからアメリカに逃れてきた反共主義者が多く、しかもアメリカの人口構成はメキシコやキューバからの移民であるヒスパニックが増大する。そこで共和党はヒスパニックを取り込む戦略を立て、その舞台がフロリダであった。

そしてそれを代表するのが名門ブッシュ家の二人の息子、ジョージ・Wとジェブである。ジョージ・W・ブッシュが民主党のアル・ゴアと戦った大統領選挙でブッシュ陣営は「思いやりのある保守」を標語に、ヒスパニックの運動員を前面に立て、それを弟のジェブがフロリダ州知事として支えた。二人ともスペイン語を話し、ジェブはメキシコ女性と結婚している。

ところが「メキシコとの国境に壁を作れ」と主張するトランプによってジェブはスーパーチューズデー前に撤退を余儀なくされ、また反共キューバ人のマルコ・ルビオもフロリダで惨敗した。トランプはレーガン以来の共和党の選挙戦略を粉砕したのである。

すると共和党執行部は、キリスト教原理主義者で極右のテッド・クルーズに票を集め、トランプを過半数割れに追い込み、指名大会でポール・ライアン下院議長を候補にする逆転劇の奇策を練った。しかしそれをすれば予備選挙の意味がなくなり共和党は国民から見放される。将来を考えたポール・ライアンは全くその話に乗らなかった。

さらにベイナー前下院議長は極右のクルーズに票を集める奇策を嫌った。彼は選挙中にもかかわらず、クルーズを「人間の顔をした悪魔」と罵った。ベイナー前議長は昨年9月にローマ法王フランシスコが連邦議会で行った演説に感動し、その日のうちに下院議長辞任を表明した。法王は対立よりも融和の大切さを説いていた。

ベイナー前議長はカソリック信者で穏健派である。ところがキリスト教原理主義のクルーズらは徹底して民主党と対立して妥協を認めない。それにベイナー前議長は困っていたのだろう。ローマ法王の演説がベイナーに辞任を決断させた。

キューバとアメリカとの和解を仲介したのはローマ法王である。そのローマ法王をアメリカに招待し議会で演説をさせたのはオバマ大統領である。私が「対キューバ外交に見るオバマの深謀遠慮」というブログを書いたのはこれが背景にある。

オバマのキューバ外交には、反共キューバ人を取り込む共和党のヒスパニック選挙戦略を崩壊させる狙いがあり、それを知ってか知らずか「移民排斥」を訴えるトランプが、ジェブ・ブッシュや、反共キューバ人のマルコ・ルビオとテッド・クルーズを撤退させ、現実に粉砕してみせたのである。

考えてみれば、1993年に初の戦後生まれのアメリカ大統領を誕生させた一つの要因は、ビジネスマンで大富豪のロス・ペローが大統領選挙に出馬し、共和党の現職大統領ジョージ・H・W・ブッシュの票を食ったからである。そのおかげでビル・クリントンが大統領となり、ヒラリーがファーストレディになった。

トランプは1999年から2年間ほどロス・ペローの「改革党」に所属したことがある。したがってタイプとしてはロス・ペローに近い。ペローは北米自由貿易協定に反対したが、トランプもTPPに反対である。それが白人の労働者から支持される理由になっている。

そしてトランプは、ジョージ・Wが大統領になると改革党から民主党に入党する。したがって世界を一極支配しようとする「ネオコン」路線にも反対である。さらにオバマが大統領になると共和党に入党し、共和党の大統領候補を目指した。もし共和党の候補になれなければ、ペローのように独立系で大統領選挙に出馬する構えである。それは共和党の票を食うから共和党としてはそれも困る。

つまりトランプは共和党の大統領候補になれなければ共和党候補の票を食ってヒラリーを有利にする。また自分が候補になればヒラリーに勝てると主張しているが、これには共和党内に「隠れヒラリー支持者」を生みだす可能性がある。

まだ先の話なので断定的には言えないが、ロス・ペローの大統領選出馬が初の戦後生まれの大統領ビル・クリントンを生み出したように、ドナルド・トランプの出馬は初の女性大統領を実現させるかもしれない。因果は巡るような話である。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」1月28日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

有料ニュースの定期購読

「田中良紹のフーテン老人世直し録」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。