少数が話すホントの話はウソにされ、多数が話すウソの話はホントになる

フーテン老人世直し録(189)

極月某日

東京新聞が先月末から連載を始めた「戦後70年の経済秘史第5部危機からの証言」が面白い。日本経済は1960年代まで戦後復興、高度経済成長と飛躍的な伸びを見せたが、70年代から石油ショック、円高、バブル崩壊などの危機を迎える。その現場に立ち会ったキーパーソンの証言から日本がどこで判断を誤ったかを探るシリーズである。

日本の経済成長がマイナスに転ずるのは1973年の第一次石油危機がきっかけである。記事は石油危機後に「太陽光発電」を考えた技術者や通産官僚が「原発」に敗れる話や、経済失速の噂が金融不安を引き起こす事例を紹介しているが、フーテンは中でも石油危機の渦中にいた元クウェート大使の証言に強い関心を持った。

イスラエルとアラブ諸国の第四次中東戦争から石油危機は起こる。アラブ諸国はイスラエルを軍事支援した米国などに経済制裁として石油禁輸を発表する。その時、石川良孝クウェート大使はアラブ首長国連邦のオタイバ石油相と秘かに会い、日本への対応を聞き出した。答えは「日本はベストフレンド。供給に心配はいらない」だった。

アラブ諸国が石油価格を引き上げる事はあっても、イスラエルを軍事支援する国ではない日本への供給は減らない。そう分析した石川大使は外務省に「石油不足は深刻にならない」との公電を打つ。ところが日本では「石油がなくなる」という情報が独り歩きし、国民は灯油やガソリンの買いだめに走り、なぜかトイレットペーパーや砂糖の買い占めが起きた。

それが狂乱物価を生み出し田中角栄内閣を直撃する。すべての物価が平均で2割上昇したが、それは原油価格の上昇より、買い占めや便乗値上げがもたらした結果である。そして原油輸入は石川大使の分析通りに減る事はなく、むしろ輸入量は前年より増えた。

石油はなくならないのに「石油がなくなる」との噂が経済混乱を引き起こし、それが日本の高度経済成長を止め、翌74年に成長率はマイナスに転じ、田中総理辞任の引き金となる。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年12月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2015年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ