北朝鮮に生殺与奪の権を握られる「悪夢」

フーテン老人世直し録(110)

神無月某日

拉致問題を巡って日本政府は来週外務省の局長らを平壌に派遣する方針を発表したが、それと時を同じくする形で北朝鮮は拘束していたアメリカ人男性を6か月ぶりに解放した。北朝鮮の朝鮮中央通信は「金正恩同士がオバマ大統領の度重なる要求を考慮し、米国人犯罪者を釈放する特別措置を講じた」と報じている。

この解放についてケリー国務長官は「何の対価もなかった」と発言している。従って解放は交渉の結果ではなく、北朝鮮の戦略的判断によるものと見られる。北朝鮮にアメリカとの対話を引き出したい狙いがあるという見方である。北朝鮮には拘束されているアメリカ人があと2人いるため、ケリー長官は「アメリカには全面的な対話の準備ができている」と発言したが、対話が本当に実現するかどうかはまだ分からない。

これまで北朝鮮は拘束したアメリカ人を解放する際、クリントン元大統領やカーター元大統領を平壌まで呼び寄せて連れ帰させるなど、外交カードとして使ってきた経緯がある。今回はそれとは異なる対応のため北朝鮮の狙いについてはさらに見極める必要がある。

フーテンは日本政府が北朝鮮の要求を受け入れ、担当者を平壌に派遣する直前の時期に、北朝鮮が戦略的な思惑で拘束していたアメリカ人を解放した事に引っ掛かりを感ずる。日本とアメリカを差別化する事で日本の外交力を揺さぶろうとする狙いがあるのではないかと直感するからだ。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」10月28日(月)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ