120年間の軍事予算から日本を考える

フーテン老人世直し録(106)

神無月某日

年の初めに「今年は嫌でも戦争を意識せざるを得ない」というブログを書いた。今年は日清戦争から120年、第一次世界大戦から100年目に当たるからである。そしてこの二つの戦争が現在に至る日中対立の要因を作り出したと書いた。

明治政府が尖閣諸島を領有化する閣議決定を行ったのは1895年1月。それまで明治政府は沖縄県からの領土編入要求を10年間も無視してきた。清国がすでに島に名前を付けていたからで、それを一転させたのは日清戦争の勝利が確実になったためである。

また中国に反日の気運が生まれたのは、第一次大戦中に「対華21か条要求」を日本が突きつけ、中国にあるドイツ権益を日本に引き渡すよう要求したからである。第一次大戦後にアメリカが唱えた「民族自決原則」も中国の反日感情を後押しした。

日中関係を考える時、我々はこの二つの戦争の歴史を学び直す必要があるとフーテンは書いたが、最近になって片山杜秀氏の『未完のファシズム』(新潮選書)を読み、それに触発されて別の視点からも考える事にした。

一つは軍事費の問題、もう一つはファシズムの問題である。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」10月28日(月)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ