"たゆたえども沈まず" 浅井健一のツアー初日に感じたロックという名の希望

3月15日・千葉LOOK

画像

かくも美しきロックンロールの夜――浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの全国ツアー「Sugar Days Tour 2018」が、3月16日に千葉LOOKで開幕。初日から圧倒的な熱量を放ち、愛するものをとことん突きつめるという浅井健一のロック哲学を感じさせてくれた。

小林瞳(Dr)
小林瞳(Dr)
中尾憲太郎(B)
中尾憲太郎(B)

場内の照明が落とされると、「ベンジー!」という老若男女のファンの声が飛び交い、ツアー初日独特のワクワク感とドキドキ感とが相まって、早くも客席はヒートアップしている。浅井が「中毒性のあるアルバムになって欲しい」という意味を込めて、名付けた最新アルバム『Sugar』からの楽曲が中心のセットリスト。オープニングからドラム小林瞳、ベース中尾憲太郎の強力リズム隊が放つ、屈強でクールなビートと、浅井の攻撃的かつ華麗なギターと、歌とがひとつになって、空気を震わせる。ひとつになっているとはいえ、そこは凄腕ミュージシャンが揃うこのバンドの強力な武器である、それぞれの音がしっかり主張し、しかし浅井の歌の輪郭をさらに際立たせ、客席へ届ける。3人とは思えないダイナミックで、厚く、熱い音。決して歌を盛り立てる、歌に寄り添う演奏ではない。歌に負けじと放たれるビートが、歌をさらに鋭敏なものにしている。無駄なものをそぎ落とし、残った音とビートをとことん強く芳醇なものにする。浅井がインタビュー時に語っていた「グルーヴが合う。この2人と組まない手はないと思った」という、ミュージシャンとしての“衝動”の意味がわかった気がする。

画像

浅井が「ハロー、千葉エンジェルス!レッツ・パーティー!」と叫び、強力なロックンロールが次々と放たれる。ダイナミックでスリリングで、とびきりクールなロックンロールに客席が揺れる。『Sugar』というアルバムに感じる愛と希望が、そのまま生の音と歌を通して伝えられるのだから、そこにいる全ての人が、胸を撃ち抜かれたはずだ。もちろん『Sugar』以外からもBLANKEY JET CITYのナンバーやソロのナンバーなど、最後まで息が抜けないセットリストが続く。昔の曲もリアレンジが施され、このメンツで演奏すると新しい強さを感じさせてくれ、新鮮だ。しかし感じたのは、昔の曲を演奏する事で、より『Sugar』というアルバム、そこに収録されている楽曲達のクオリティの高さ、充実度だ。「Ginger Shaker」や「Beautiful Death」など「メロディが良くないと盛り上がらない」という浅井の言葉通り、鋭くも、優しさと温もりを湛えるメロディと、浅井のギターが放つ甘美な響きが、客席を包み込む。

画像

強烈な歌を次から次へと繰り出す3人。浅井はライヴ中はほとんどしゃべらないという印象があるが、この日は「ちょっとおしゃべりタイムね」と言って、メンバーや観客とコミュニケーションをとるシーンも。客席から「ベンジー、千葉、好き?」という質問には「千葉、大好きだよ。千葉といえばマックスコーヒーだな。(味が)甘いよな」と答え、ファンとの距離をさらに縮め、ステージ、客席共に少しだけクールダウン。浅井とメンバーとの絶妙な距離感も客席に伝える。しかしそのインターバルも束の間。すぐにまたスピードアップ。疾走感のあるロックを、たたみかけるように投げていく。この緩急と、3人が“今やるべき曲達”を厳選、凝縮したパフォーマンスが作り出すエネルギーと集中力が充実感を生む。このツアーが一体どこまで素晴らしいものになるのだろう、という大きな期待感を初日から感じさせてくれる。3人のギアは最後までトップに入りっぱなしだ。客席もさらに熱を帯び、3人と一緒にラストまでまさに一気に突っ走った。

『Sugar』(2月14日発売)
『Sugar』(2月14日発売)

「Beautiful Death」の歌詞にある<真っ直ぐ生きて、きれいに死ぬ>という言葉が、このライヴを観て改めて胸に響く。同曲のMUSIC VIDEOの監督・鯨井智行は「Fluctuat nec mergitur(たゆたえども、沈まず)」と書かれた、パリ市の紋章にも注目したという。愛するものをとことん突きつめるために、歩みを止めずただひたすら前に進む、浅井健一のロック道、ロックンロール哲学を、改めて指し示してくれたライヴだった。3人の音の結束力も進化し、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSというバンドの深化を見せてくれた。5月12日東京・新木場STUDIO COASTでのファイナルまで、3人は全国のライヴハウスを巡り、全ての人に愛と希望を届ける。

浅井健一オフィシャルサイト