先読み・植林面積世界一。中国は巨大な木材輸出国になる!

近い将来、中国は巨大な木材輸出国になる、かも。(写真:ロイター/アフロ)

 今、中国と言えば武漢の新型肺炎を思い出してしまうが、それらのニュースに触れても、とにかく人が多いことを感じてしまう。15億人もの人口を抱える世界一の人口大国なのだ。それが強みでもあり、弱みにもなっているのだが……。

 最近、新たな「中国の世界一」に気づいた。人工林面積で中国は世界一になったのだそうだ。

 中国の国土面積は世界第4位だが、森林面積はさほどではない。砂漠や黄土地帯や高原地帯の半砂漠が広がっているからだ。新中国成立初期(1950年前後)は、森林率が8,6%にすぎなかった。国土の1割もなかったのである。しかも、その後の開発で減り続けていた。ところが、その後経済成長とともに、猛烈に造林を進めて今では21,66%まで上がっていた。約40年前は5%前後、1990年で16,4%だったというから、恐るべき伸び率だ。最終的には2050年に中国全土の42,4%となる406万9000平方キロメートルの造林をめざしているという。

世界の植林を牽引する中国とインド

 地球上の森林面積は約40億ヘクタールで、そのうちアジアは約6億ヘクタールである。そのうち中国の森林面積は2億800万ヘクタールと半分近くを占める。そして人工林面積は6933万ヘクタールになったという。

 このような紹介をすると「中国の統計は信用できない」と、懐疑的な声が出るのだが、たとえば国連食糧農業機関(FAO)が発表した報告書「世界森林資源評価2015」でも、2010年から15年までの間、中国は森林面積純増量が年平均で154万2000ヘクタール増である。桁違いの造林面積だ。

「ネイチャー」の論文でも世界の森林面積は増えており、その大きな理由が中国やインドの植林だとしている。熱帯地域では森林減少が続いているものの、温帯地域で森林が増えた結果、地球全体でもプラスになっているのだ。

広大な人工林から木材生産が始まる

 ところで前世紀の中国は、木材も自給していた。しかし2000年前後に洪水などの災害が相次いだため、天然林の伐採を禁止した。そして必要な木材は輸入する方針に切り換えている。

 結果として、今や世界一の木材輸入大国となった。ロシアのシベリア材に始まり、現在はニュージーランド、北米、そしてヨーロッパからの木材輸入が激増している。かつては日本が世界一の木材輸入国だったのだが、今では日本は中国に木材輸出する国になっている。その量は輸出量の大半を占め、その需要が日本林業を支えるほどになった。

 戦前日本の森林面積は、約17万平方キロメートルで森林率では約46%だったが、戦後は急速に伸びて現在は約25万平方キロメートル、約67%とされている。森林蓄積(材積)で言えば、4倍から5倍に増えた。

 一方で人口は減少期に入って木材消費は伸びなくなった。結果として現在「木余りの時代」を迎えている。だから、もっと木材を使えと「木づかい運動」が起こされ、なかにはバイオマス発電で燃やしてしまっている。だから木材輸出も企てるようになったのである。

 そこで、ふと勘づいた。それと同じことが、遠からず中国でも始まるのではないか?

日本の木材輸出に将来はあるか

 日本は中国への木材輸出を続けられるだろうか。ここで、もう少し先の将来を考えると、森林面積が増える中国は近く木材大国にもなることが予想できる。人工林は木材を生産できるのだから、適齢期になった人工林から木材を収穫する時代が来るだろう。いや、造林された多くが早生樹種であり20~30年で十分な太さになるから、すでに伐期を迎えた人工林も増えているはずだ。

 そして中国も人口減社会を迎えている。すでに昨年、生産人口がマイナスになったことが発表されている。おそらく日本以上のスピードで人口が減るだろう。そうすると木材需要も落ちるに違いない。

 今後、莫大な木材が使い手を求めて出荷される時代を迎えるだろう。

 

 そうなれば、日本の木材を中国に輸出するどころか、ほかの輸出国も中国に取られる可能性が高い。韓国、台湾、アメリカ、ベトナム……などが全部中国産木材に切り替わるかもしれない。そして、日本にも入ってくるだろう。すでにホームセンターなどでは、中国産ポプラの集成材などが出回っている。また中国ではポピュラーなコウヨウザン(中国杉)も建築材として有望視されている。

 日本は、木材生産を強化して輸出に向けようとしているが、むしろ中国から木材が入ってくる心配をすべきだろう。

 産業の振興を考える場合、とくに国の政策は将来の展開を読んで、常に先手を打たねばならない。今、日本は木が余っているからどんどん伐れ、今、中国が木材不足だからどんどん輸出しろ……では将来に大きな禍根を残すのではないか。とくに樹木は使える太さまで成長するまで数十年かかり、長期の視点が欠かせない。気づいたら日本の木材資源は枯渇して、中国産木材が席巻する可能性だってあるのだ。

 世界の環境事情は急速に動いている。常に先読みしておかないと、とんでもない間違いをしでかすかもしれない。