消えた200万ヘクタールの森。統計の陰にカラクリあり

100haの伐採跡地。いえ、木のない森林です、統計上は……(著者撮影)

日本の森林面積について、ちょっと引っかかるものがあった。

なぜなら毎年見ても日本の森林面積はほぼ変わらないからだ。山間部を訪れると、やたら皆伐地が目立つから、森林面積が減ったんじゃないかと思うのだが、統計に現れていない。

 

一般に言われる日本の森林面積は、2512万ヘクタール。FAO(国連食糧農業機関)のデータでは、日本の森林率は68.2%とされていた。

ところがこの森林面積を日本の国土面積3779万ヘクタールで割ると、66.5%程度で数字がズレてくる。ものによっては67%という数字がよく登場する。

このズレが気になったのだが、調べるとわかってきた。FAOは、面積の算出基準が日本国内と違って、国土面積に湖沼面積を加えないらしい。だから陸地にある森林の割合が少し増えるのであった。

これで解決か、と思いかけたのだが、FAOの森林の内訳を見ると、約1300万ヘクタールが天然林、約1000万ヘクタールが人工林となっている。……両者を足しても2300万ヘクタールしかないではないか。消えた約200万ヘクタールはどこに行ったのだ?

これも基準を確認するとわかった。竹林と無立木地が別扱いなのだ。竹は植物学的には樹木ではないからわかるとして無立木とは。森林と名付けながら木が生えていない土地が200万ヘクタールもあるというのは……。

そこで竹林面積を調べる。5年前の統計で約16万ヘクタールであった。(ちなみに竹が25~75%侵入している森林は約27万ヘクタール。つまり約43万ヘクタールは森林といっても竹の世界に近い。)

ということは、無立木地は残り180万ヘクタールぐらいと想定していいだろうか。

それにしても無立木地、木が生えていないのに森林とはこれいかに。

普通の人なら不思議に思うだろう。いや、私も不思議でしょうがないのだが、統計的には森林扱いするのである。

具体的な無立木地の定義は、立木及び竹の樹冠の占有面積歩合の合計が0.3未満の林分だとされている。さらに「伐採跡地」と「未立木地」に区分されるとある。未立木地は、山崩れや洪水などの被害跡地と、現に採草、放牧等に供されている土地……だそうだ。

しかし、木が生えられない、生やさない土地を森林に区分するのはおかしくないか。

 

もう一つの伐採跡地は曲者だ。山の木を全部伐ってしまったら、そこは森でなくなると思いきや、これを「将来的にまた森林にもどる土地」と定義付けている。なぜなら再造林するのが前提だからだ。たとえば80年生の木を全部伐って1年生の苗を植えたら、高木林から低木の疎林に変わっただけであり、森は森、という理屈なのだ。

なんか、すごい言い訳だと感じる。これだと、いくら伐採地が増えても日本の森林面積が減らないことになる。

伐採跡地(若齢林?)は、無立木地のうちどれぐらいを占めるのかわからなかった。しかし、バカにならない面積だろうと想像する。

現在、ものすごい勢いで、皆伐が進んでいるからだ。1か所20ヘクタールぐらいは当たり前で、ときに100ヘクタール200ヘクタールの皆伐地が各地に広がっている。「日本の森は伐り時」と林野庁が音頭を取って、伐採を推進しているのだ。また木材価格が安くなり、少々木を伐っても利益が出ないから、量で稼げとばかり、伐採面積を増やす業者が全国に多数いる。いわば薄利多売だ。

しかし、利益はわずかだ。仮に50年間育てた森を10ヘクタール皆伐しても数百万円程度か。育林に費やした経費を考えればまったく赤字だ。それでも補助金目当てで伐採する。伐るだけで金がもらえるのだから。なお跡地に苗を植えた後に枯れても森扱いのまま。再造林せずに放置することも多いが、統計上は「いつか森林にもどる土地」。

これなら統計上の森林面積は減らない。日本は森林大国だ、と言い張れる。日本の統計って、なんと便利なんだろう。。。

しかし、無立木地も含めて2500万ヘクタールの森林が日本にある……というのは、やはり誤解を招く。世間には「森林面積は2300万ヘクタール、森林率約61%」とする方が正しい国土の姿を示せるのではないだろうか。