木造ビルを建てて喜ぶのは誰だろう

大坂木材会館ビル。実はコンクリートビルの外装に木材パネルを張り付けたもの。

東京・銀座に木造5階建てビルが建ったというニュースが流れた。

三井ホームの施工で、工法はツーバイフォー材を使ったものだ。木造の5階建てビルは国内で2棟目だという。国土交通省所管の木造建築技術先導事業にも採択されたとか。

木造ビルは、各所で期待が高まっている。これまで構造は鉄筋コンクリートでつくるのが当たり前だったビルディングに、新たな素材を持ち込まれたことで、建設の可能性を広がるかもしれないからだ。

また木材という形で街中に炭素を固定できることから、二酸化炭素削減につながり地球温暖化防止にも貢献できる。

今回はツーバイフォー工法だったが、今注目されているのはCLT(クロス・ラミネイテッド・ティンバー。和名は直交集成板)だ。張り合わせる板(ラミナ)の繊維方向を90度ずつずらせることで、縦横に強いマテリアルに仕上げる。コンクリートに負けない強度を得られるため、欧米ではCLTを使って10階程度の木造ビルが次々と建てられている。日本でも研究中で、近く解禁される見込みだ。

そこで、これらの木造ビルが建てば誰が喜ぶのか、冷静に考えてみたい。

まず建設業者は期待を持っているかもしれない。コンクリートよりも軽くて輸送が便利。木造ゆえにコンクリートの養生期間が必要なく工期が短くなる。またコストも安くなることが見込まれている。太い柱がなくなる(ツーバイフォーやCLTは壁で建物を支える)ために内部の間取りにも余裕ができる。設計の自由度が広がるだろう。

またツーバイフォー材やCLTを生産する木材加工業者、あるいは輸入業者も、新たな需要開拓になるのだから喜ぶだろう。

木材の使い道は、これまで住宅資材が大半だったが、今後は先細りだし、1軒当たりの使用量もそんなに多くない。ビルディングに使われるとなると、これまでの数倍の需要が生み出されるからだ。

では、林業関係者は。「これで木材需要が伸びる」と期待しているのだろうか。

まず考えるべきは、建材価格だ。ツーバイフォー材は、ホームセンターでも並んでいるのを見たらわかるが、非常に安い。これらは輸入材だが、国産材で作ったからと言って高くすることはできないだろう。

CLTは日本ではまだつくられていないが、作り方や材料の性質を考えれば、合板と似たりよったりの材料で間に合う。木目は気(木)にしないでよいし、傷や曲がりが少々あっても構わない。つまり価格も合板用のB材と変わらないだろう。

CLTのフォーラムのために来日したイタリアの関係者は、CLTの立米単価は約2万円だと言ったそうだ。為替などの変動もあるが、極めて安い。これから材料価格を想定すると、だいたい10分の1くらいではないか。つまり1立米2000円。高くても3000円までだろう。

となると、国産材製のCLTも似たような価格になるのではないか。外国製CLTと競合するからである。常にCLTも国際価格に連動するだろう。となると、国産材も高く買い取ることは無理である。

もし、本当に立米2000円の材が求められるとしたら、もはや合板どころかチップ価格である。とても山主は木を出せない。これを機に国産材価格の暴落を誘う可能性も否定できない。

そして、もう一つ考えておくべきことがある。この手の工法による建築に、大工はいらないことだ。もとからパネルにしたツーバイフォーなりCLTを組み立てるだけである。そこで必要なのはクレーンだ。工場で生産した部材を吊り上げて、つないでいくだけだから、大工の出番はなくなるのだ。

最後に消費者(木造ビルの使用者)はどうだろう。工期が短くてよいなら、建設費用は安く済むかもしれない。それは歓迎だ。

ただ、ツーバイフォー材もしくはCLTは構造材だから、その上から外装や内装をする必要がある。その素材が、石膏ボードとかクロス、あるいは新建材などだったら木肌を感じることはない。木材使用感もあるまい。つまり、そのビルディングが木造か否かなんて、どうでもよいことになる。(逆に言えば、コンクリートであろうと鉄骨であろうと、内装・外装材が木質だったら、木製に見えるわけだ。)

さて、誰が木造ビルを喜ぶのだろう。そして、どんな木造ビルが喜ばれるのだろう。