【NIKE AACレポート】平松克樹:「細かいところを上達したら、プレーの幅ももっと広がってくる」

大濠では控えガードだが、今後の成長が楽しみな平松 (C)Takashi Aoki

 一昨年に全中制覇を経験した平松克樹は、西福岡中卒業後に福岡大附属大濠高に進み、ポイントガードの一角を担う存在として片峯聡太コーチから期待を寄せられている2年生。黙々と一生懸命に取り組むタイプの選手で、シュート力と体力は指揮官も高く評価している。しかし、ポイントガードとして必要なコミュニケーションのスキルアップであり、「殻を破ってほしい」という意味も込めてNIKE ALL ASIA CAMPに参加させたという。

 平松は初めての海外、言葉の壁でなかなかコミュニケーションが取れないという環境で少し苦戦するシーンがあったものの、時間の経過とともに持ち味を発揮するシーンも増加。ゲームではボールマンに対してハードなディフェンス対応をし続け、即席チームであってもコーチが求めるしっかりセットオフェンスを遂行することを心がけていた。得意とする3Pシュートで存在感を示すことができなかったことで感じた悔しさは、今後のモチベーションにしたいところ。過去に参加した先輩たち同様、この経験を糧にスキルとメンタルの両面における成長が期待される平松に、NIKE ALL ASIA CAMPを振り返ってもらった。

 

Q 片峯聡太コーチからキャンプに参加できると知らされた時の気持はどんなものでしたか?

「最初驚いて、去年の3年生だった中田(嵩基)さんや土家(大輝)さんが行っていて、ちょっとやってみたいなという気持もあったので、行けると言われた時はうれしかったです」

Q キャンプから帰ってきてからの彼らは、違うなと感じることがありましたか?

「スキルの面で2人ともすごく上達していました。大輝さんは知らないですけど、嵩基さんが行った時自分も大濠にいたので、スキルのレベルがすごく上がっていたと思いました」

Q ドリルやゲームなどいろいろやってきましたけど、どんなキャンプでしたか?

「できているところもありましたし、全然できていなくてターンオーバーにつながるところもあったので、スキルを磨いて自分のモノにしなければならないと思いました」

Q ドリルで目新しいものとか、驚かされたことなどはありましたか?

「ドライブでペイントアタックしても、自分は小さいからパスアウトをしてというのが多かったですけど、ゴール下の狭いスペースでのスキルを教えてもらえたので、それは使っていこうかなと思いました」

Q ガードなのでピック&ロールのドリルもたくさんありましたけど、どうでした?

「ピック&ロールも試合で使いますけど、ワンパターンのことしかやっていないから、いろいろなパターンを教わったのがよかったです」

Q その部分は新鮮でしたか?

「はい」

ドリルやゲームを通じて細かいスキルのレベルアップが必要と実感した平松 (C)NIKE BASKETBALL
ドリルやゲームを通じて細かいスキルのレベルアップが必要と実感した平松 (C)NIKE BASKETBALL

Q キャンプに参加してみて驚いたことはありましたか?

「1番から5番(ポイントガードからセンター)までがボールをプッシュできて、5番でも自分で運んで最後まで持っていける力があるし、フォワードのスキルや得点能力というのは日本より全然高いなと思いました」

Q 他の国の選手との違いを感じたところはありましたか?

「シュートの確率だったり、タフショットを相手のガードは沈めてきているけど、自分は落としているところがあったので、そこは差があったかなと思いました」

Q 逆に通用したなと思える部分は?

「リバウンドを取ってパスアウトからボールプッシュする際のスピードは、いつでも(相手が)ついて来られないというのがありました。だから、スピードは上回っていたかなと…」

Q もっとうまくなりたいと感じさせてくれたところは何でしょうか?

「スキルの面、ボールハンドリングやピック&ロールとか、細かいところが上達したら、プレーの幅ももっと広がってくるかなと思っています」

Q フィニッシュするところとゲームを作るところの質を上げていきたいということですか?

「あと、もっとコミュニケーションをとらなければならないなと。今回は言葉が通じないので難しいところもありましたけど、言葉の通じる仲間とやっている外国人のポイントガードはしっかり喋っていて、周りもやりやすそうな感じだったので、それは日本でどんどんやっていきたいです」

Q この経験を今後、どのように生かしていきたいと思いますか?

「自分のスキルレベルを上げていって、先生や周りが自分を信頼してコートに出しておけるという選手になりたいです」

Q やはり、自分を表に出すというところですか?

「そこですね。フィリピン人選手とかは自分を出そうとしてハードにやっていたから、自分も真似してやっていけたらと思います」

Q いい意味での自己アピールとチームメイトを生かすことのバランスを保つことですね?

「はい」

Q 間近でNBA選手を見るのは初めてだったと思います。カイル・クーズマを見る機会は多かったと思いますが、どんな印象を持ちましたか?

「映像で見るよりもやはりデカくて、練習しているのをちょっと見ましたけど、シュートを全然落とさないし、そういう練習をしていれば、試合でも簡単なシュートを確実に決められるのかなと…。ノーマークになったら全部ダンクに行っていたし、日本人はダンク行ける選手でもレイアップという感じだから、なんと言うんですかね、エンターテイメント性の部分でもすごいなと思いました」