プロ野球独立リーグ「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」に参入した新設球団・福岡北九州フェニックスがチーム公式戦2試合目で歴史的初勝利を飾った。

チーム初勝利投手は荒巻

 

【3月21日 ヤマエ久野 九州アジアリーグ 北九州市民球場 895人】

火の国 `000003000 3

北九州 `50000200× 7

<バッテリー>

【火】●松江、佐野、芦谷――有田、西

【北】◯荒巻、櫻井、豊村、本村、松本――ラモン、武蔵

<本塁打>

なし

<スタメン>

【火】4高山 7松本 9小林 8水本 3佐藤 5中野 D PIGBOSS 2有田 6橋中

【北】6妹尾 4大河 D西岡 2ラモン 3宮本 7吉岡 9古賀 5中村 8宇土

<戦評>

 攻撃中に球場に響くノリの良いクラブミュージックは、前日の近隣苦情によりボリュームがぐっと絞られていた。ただ、北九州ナインがそれを補うように試合開始直後から活発な猛攻を仕掛けてみせた。

 一回裏、1死一塁から西岡剛選手兼任監督が今季初安打となる右前打でチャンスを拡げると、一気に打線がつながった。

 ラモンの右前適時打で先制。宮本の一ゴロは相手野選を誘って満塁に。すると吉岡、古賀、中村の3者連続タイムリーで初回から大量5点のビッグイニングとした。

 六回表に3点を返されるも、その直後に火の国ナックルボーラーの佐野の制球難を突いて満塁としてラモンが2点適時打を放って流れを取り戻した。

 先発の荒巻は緩急自在の投球で5回0/3を3失点にまとめた。最後は元西武の松本が締めて、球団創設初勝利を飾った。(了)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

西岡剛スキッパー(選手兼任監督)の試合後インタビュー

勝利のVサイン(笑)?
勝利のVサイン(笑)?

――勝利の感想は?

「疲れましたね(笑)。シーズンは長いのでいつかは勝利すると思っていました。ただ、監督業というより、まだ選手としてチームメイトと一緒に戦っているので、監督として1勝をつかんだという実感はあまりないです。チーム全体で勝ったという印象。でも率直に、素直に嬉しいです」

――3番打者として3安打の活躍。

「しっかり頑張りましたよ!」

――初回の猛攻はすごかった。

「火の国は全体的に投手が良いので、難しいと思っていた。だけど、野球はどちらに転ぶか分からない。火の国は去年、余裕で優勝したチーム。そこに胸を借りるつもりで戦いに行った。簡単には行かせないぞというのを見せられた。ヤマエ久野 九州アジアリーグを盛り上げていきたい」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

堀江貴文氏、喜びのコメント

 球団創設者のホリエモンこと、実業家の堀江貴文氏にツイッターを通じて初勝利の感想を求めたところ、返信を頂戴した。

「仕事あったんでずっと見てたわけじゃないですが、YouTubeで時々観戦してました!やっぱり昨日は硬かったですね。今日は実力で感じです!素晴らしい試合だったし、エンターテイメント面でも楽しませてくれました。よかった」(原文ママ記載)

※写真はすべて筆者撮影