プロ野球独立リーグ「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」の火の国サラマンダーズは2日、チーム設立2年目となる来季のコーチングスタッフを発表した。

 投手コーチ兼選手には今季DeNAで二軍投手コーチを務めた藤岡好明氏が就任する。

 藤岡投手兼コーチは大阪府出身の36歳。宮崎日大高校からJR九州を経て、2005年大学・社会人ほかドラフト3巡目でソフトバンク入りした。同期には松田宣浩内野手や本多雄一現・ソフトバンク一軍コーチがいた。

「神様」稲尾を抜く、パ新人記録を更新

 右横手の変則フォームが特徴だった藤岡は、当時の王貞治監督のもと1年目から大車輪の活躍。セットアッパーの役割を任され、チームトップの62試合に登板した。これは当時、あの稲尾和久氏が保持していたパ・リーグ新人投手最多登板記録を塗り替えるものだった(現在はソフトバンク攝津、ロッテ益田の72試合)。戦績も5勝3敗1セーブ26ホールド、防御率2.60と安定していた。

 しかし、2年目以降は成績を落とし、2012年に39試合登板で防御率1.19と復調の兆しを見せるも、2013年オフに鶴岡慎也のFA移籍に伴う人的補償で日本ハムに移籍した。

ソフトBから日本ハム、そしてDeNAへ

 日本ハムでは2014年~2016年途中までプレーして計16試合に登板。1勝0敗2ホールドの成績だった。2016年開幕直後の3月末にDeNAへ金銭トレードで移籍。2019年には32試合に投げて防御率1.86と輝きを取り戻したこともあった。

 しかし、昨年の2020年限りで引退。通算成績は337試合登板、22勝16敗1セーブ57ホールド、防御率3.78だった。今シーズンはDeNAで二軍投手コーチを務めていたが、11月2日に退団が発表されていた。

 火の国サラマンダーズの馬原孝浩監督とはソフトバンク時代の同僚だった。再び戻ってきた九州でどのようなタッグで手腕を発揮するのか。

 また、1年のブランクを経て「投手」として現役復帰することも発表されている。その真意とは――。

 今日2日、熊本市内で開かれる就任会見で明らかになるだろう。

 そして、火の国サラマンダーズは今季選手としてプレーしていた西寿哉が選手兼任バッテリーコーチ、同じく猪口雄大が選手兼任内野守備・打撃コーチ、同じく瀬戸口樹が選手兼任外野守備・走塁コーチとも基本合意に達していることを明らかにしており、同じく2日に会見に臨む。