ホークス甲斐野央、二軍への合流が見えた。本格復帰へ1回ぴしゃり

リハビリ組からの卒業が見えてきた

古谷が5回1失点

5月18日、福岡ソフトバンクホークス三軍は、四国アイランドリーグplusとの定期交流戦で愛媛マンダリンパイレーツとタマホームスタジアム筑後で対戦した。

先発した古谷
先発した古谷

【5月18日 定期交流戦 タマスタ筑後】

愛媛     001000000 1

ソフトバンク 03010000× 4

<バッテリー>

【MP】西原大――金高

【H】古谷、甲斐野、大関――牧原巧

<本塁打>

【H】中村宜

<スタメン>

【MP】7潤米 8漆原 9大本 6仁木 3松本 5小田原 D渡部 4米 2金高

【H】4川原田 2牧原巧 9笹川 5井上 6小林 7早 8中村宜 3伊藤 D居谷

本塁打を放った中村宜
本塁打を放った中村宜

<戦評>

 ソフトバンク3年目育成の中村宜が3ランを放った。二回だった。先頭の井上が死球で出塁。続く小林が右前打でつなぎ、早の犠打で1死二、三塁とした。ここで中村宜がフルカウントからの直球をライトへ流し打ち、これが外野フェンスを越えていった。

 その後1点を返されたが、四回には伊藤の安打など下位打線からチャンスを作り、川原田の内野ゴロの間に1点を加えた。

 先発の古谷は5回1失点。その後は甲斐野が1回、大関が3回を零封して逃げ切った。 (了)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

甲斐野「結果も内容も求めた」

 甲斐野央投手が順調なステップを踏んでいる。

 右肘手術明けからこの日が3度目の登板。前回から中3日で、六回からマウンドに上がった。1人目の打者の小田原を152キロで遊ゴロ、続く渡部をフォークで三振、そして米は151キロで遊ゴロに打ち取り、打者3人をわずか9球で片づけた。

 「前回(14日の火の国サラマンダーズ戦)は真っ直ぐしか投げなかったけど、今回は変化球もしっかり投げることが出来ました」と手応えを口にした。以前はほとんど投げていなかったカーブも試投。「全然ダメですけど」と苦笑いしたが、精度を上げていきたいとも口にしていた。

 実戦復帰後から取り組んでいる「肩肘ではなく、体の中心で投げる」という投球フォームも体に染みついてきている。

 「メカニック的にはまだまだ。でも、そろそろ二軍戦に呼んでもらえそうと聞いているので、結果も内容も求めたピッチングでした」

 二軍合流となれば、リハビリ組からの卒業ということになる。そうなれば一軍昇格という目標がいよいよ具体的になってくる。

 2年前のルーキーイヤーに65試合に投げた鉄腕が、本格的な復活へまた一歩前進した。

※写真はすべて筆者撮影