R・マドリー戦。レガネスのアギーレがマジョルカの監督だったら久保建英はもっと活躍した

(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

 レアル・マドリーに0-2。マジョルカは現地時間24日に行われたこのアウェー戦で、順当負けした。身贔屓するわけではないが、0-2のスコアで済んだ一番の理由は、久保建英の存在と関係する。彼がいなければ、試合はもっと一方的になっていたと思われる。

 マジョルカのビセンテ・モレーノ監督は、シーズンのある時まで、そんな久保を先発で積極的に使おうとしなかった。その通算1753分という国内リーグの出場時間はチームで9番目。久保に低評価を下していたからか、大事に育てようとする親心からなのか、定かではないが、降格圏内(18位)を彷徨うマジョルカの成績は、その序列の低さと密接な関係にある。

 通常4-4-1-1、4-2-3-1、あるいは4-4-2で戦うマジョルカだが、この日は3-5-2的な3バックで戦った。実質5-3-2になる時間が圧倒的に長かった守備的な3バックだ。その2トップの一角として出場した久保は、レアル・マドリーを向こうに回し、かなりやれていた。

 孤軍奮闘と言ってもいい。選手の評価を確定させるには10代は早すぎる。サッカーでは20歳を超えるまで待つべしとは、これまでにも再三述べてきたことだが、久保の将来への展望が、このレアル・マドリー戦を経ていっそう開けたことは確かである。代表戦100試合ではなく、チャンピオンズリーグの出場試合数で100を超える、日本と言うより欧州サッカー界を代表する選手になる期待が膨らんできている。

 それだけに、マジョルカのビセンテ・モレーノ監督のサッカーが貧しく見えた。久保を一刻も早く、よりよいチームでプレーさせたくなった。

 一方、マジョルカとともに降格圏内を彷徨うレガネスは、6月16日、レアル・マドリーと優勝を激しく争うバルセロナと対戦。こちらも0-2で敗れている。しかし内容的には断然、上だった。見どころのあるサッカーをしていた。こちらも3バック。3列表記で表すなら5-4-1だ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年6月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事3本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    ピルロ新監督のファーストインプレッションは? ユヴェントス仰天人事に「魅力より狂気」中村大晃8/9(日) 12:11
  2. 2
    改めて認識された中継ぎ投手起用の重要性とロッテ・吉井投手コーチの絶妙なバランス感覚菊地慶剛8/9(日) 9:00
  3. 3
    外野手不足はどうなった!?ソフトバンク二軍が活動再開後の初戦に臨む田尻耕太郎8/9(日) 16:06
  4. 4
    ダメージの大きい「ノーヒッターの途切れかた」。捕球の確率は99%だったが…宇根夏樹8/9(日) 15:01
  5. 5
    益田直也に続く「100セーブ&100ホールド」は…。史上6人目も5人目と同じくマスダ!?宇根夏樹8/9(日) 7:26
  6. 6
    リーダーボードが大きく動いた全米プロのムービングデー、勝利を狙うベテランと新鋭たち舩越園子8/9(日) 12:19
  7. 7
    <ガンバ大阪・定期便VOL.3>待ち望んだJ1リーグでの古巣戦。 小野瀬康介が伝えた『大きな感謝』。高村美砂8/9(日) 14:33
  8. 8
    古巣・中日で韓国の英雄がコーチ修行 息子と同世代の若者たちに向けた50歳のまなざし室井昌也8/4(火) 7:30
  9. 9
    浦和レッズレディースが大一番で示した進化。攻守を支えるMF柴田華絵の数値化されないプレーの魅力松原渓8/8(土) 13:00
  10. 10
    成功率100%の剛腕クローザー 防御率0点台でリーグトップの19セーブ目挙げる<韓国KBOリーグ>室井昌也8/9(日) 20:55