これって4-3-3? CLのバルサを見てジーコジャパン時代の4-2-2-2を想起した

(写真:ロイター/アフロ)

 チームは毎シーズン、メンバーが入れ替わる。監督もだいたい2、3シーズンに1度の割合で交代する。チームを取り巻く状況は毎シーズン変化する。成績は上がったり、下がったり。2部に降格することもある。地元ファンはチームの変化をそのつど、受け入れながら応援を続ける。そうした宿命を抱えている。

 その点、第3者的な立場のファンは気楽だ。嫌になったら止めればいい。いつでも心変わりできる。レアル・マドリーファンだった日本在住の女性が、クリスティアーノ・ロナウドの移籍を機に、ユベントスファンに転じたところで何も不思議はない。 

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦。ナポリと対戦したバルサは、初戦(アウェー)を1-1で引き分け、第2戦のホーム戦を、少し有利な状況で迎えることになった。

 ホームのカンプノウは、ほぼ満員に膨れあがるだろう。バルサは地元ファンから熱い声援を受けるだろうが、世界的にはどうだろうか。移り気な第3者を満足させるだけのサッカーをいまのバルサはしているだろうか。

 バルサは、地元カタルーニャ人と密接な関係があるクラブだとされる。開始17分14秒を迎えるとカンプノウに、カタルーニャの独立コールがこだまする。郷土愛に根ざした地元密着型クラブ。バルサを紹介するとき、多くのメディアはここを切り口にする。地元民の視点に立ち、日本には縁遠い文化、習慣だと紹介する。

 しかし、それで終わってしまえば、バルサの特異性及び魅力が浮き彫りになったとは言えない。もう一つ、いやそれ以上に特筆されなければならないのは、地元以外での人気だ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年2月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  2. 2
    40代で「1試合3本塁打」は4人。次に記録しそうなのは…宇根夏樹5/26(火) 11:28
  3. 3
    無敗で牝馬二冠。デアリングタクト偉業達成の裏で陣営が切ったカードとは……平松さとし5/26(火) 6:30
  4. 4
    FW籾木結花が米・OLレインに完全移籍。なでしこの技巧派が受け取った女子サッカー大国からのオファー松原渓5/26(火) 8:30
  5. 5
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  6. 6
    ダルビッシュ有が発したYouTube上の「僕は立ち上がりが悪くない」発言をデータ調査してみたら…菊地慶剛5/26(火) 16:14
  7. 7
    金メダルを期待されて…小川直也インタビュー「地獄の銀メダル」28年目の真実近藤隆夫4/11(土) 8:15
  8. 8
    リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。森田泰史5/26(火) 7:00
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    大会開催か中止か未発表のまま、高校女子硬式野球部の現在中川路里香5/25(月) 16:04