永木亮太に見るサイドバックと守備的MFの親和性

(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 怪我で戦列を離れていた内田篤人が4ヶ月ぶりに復帰するという。

 鹿島アントラーズの右サイドバック(SB)と言えば、一昨季(2017年シーズン)まで西大伍がスタメンを張っていた。Jリーグのベスト11にも選ばれる日本代表級の選手がいたにもかかわらず、鹿島は翌2018年、ドイツで長年プレーした内田篤人をチームに迎え入れ、西大伍と競わせた。

 西大伍は交代出場を含めて23試合に出場。内田篤人の12試合を上回ったが、より多くの出場機会を求めて今季ヴィッセル神戸に移籍。鹿島の右SBは内田篤人がメインを張るはずだった。しかし、スタメンを飾ったのはシーズン当初のみ。3月末に行われた磐田戦(5節)の途中、ベンチに下がって以来、姿を見ることはなくなっていた。西大伍と内田篤人が争った昨シーズンとは一転、鹿島の右SBは人材不足に陥った。

 それでも鹿島は今季、現在まで3位につけている。アジアチャンピオンズリーグでもベスト8に進出。いずれも虎視眈々と優勝を狙う態勢にある。

 西大伍だけではない。金崎夢生もサガン鳥栖へ移籍。昌子源、植田直通、安西幸輝、安部裕葵、鈴木優磨も海外へ羽ばたいて行った。

 なぜそれでも鹿島は強いのか。高いレベルを維持しているのか。その大きな要素として見逃せないのが、内田篤人に代わって右SBを任された永木亮太の存在だ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年7月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    東海大野球部の薬物問題はなぜ連帯責任なのか? 当該部員は「親の顔を思い出せ」上原浩治10/20(火) 9:07
  2. 2
    12球団中「5連勝以上」と「5連敗以上」がどちらもあるのは3球団。両方ともないのは2球団宇根夏樹10/20(火) 14:52
  3. 3
    朝倉未来の強気な発言は「絶対負けられない闘い」の証し──11・21大阪城ホール『RIZIN.25』近藤隆夫10/20(火) 10:09
  4. 4
    近江のスーパー1年生に異変!  痛恨の逆転負け森本栄浩10/19(月) 23:02
  5. 5
    知られざる10.20──今から32年前、“語り継がれない”南海ホークス最後の試合菊田康彦10/20(火) 8:00
  6. 6
    新旧交代を告げた統一ライト級タイトルマッチ林壮一10/20(火) 0:01
  7. 7
    森保監督が3-4-2-1にシステム変更した狙いと、ピッチで起こった変化とは? 【カメルーン戦分析】中山淳10/20(火) 11:30
  8. 8
    もしかしたら野球を辞めていた? 岩隈久志・堀越高校時代の秘話楊順行10/20(火) 9:31
  9. 9
    フィギュアスケートGP スケートカナダに次いでフランス杯も中止。感染者数世界最大の米国はなぜ開催?三尾圭10/20(火) 11:00
  10. 10
    なでしこジャパンが7カ月ぶりに再始動。個性が躍動するリーグで「今後、代表で見てみたい選手」は?松原渓10/20(火) 19:10