川崎F対名古屋をCL級に押し上げるためには

04-05CL決勝ミラン3-3リバプール(PK勝)@イスタンブール写真:杉山茂樹

 金曜日に行われたJリーグ、川崎フロンターレ対名古屋グランパスは1-1の引き分けに終わった。内容で上回ったのは名古屋。55対45ぐらいの僅差ながら、その差にはそれなりの意味があった。

 だが、その違いについて触れる前に、一歩引いた視点に基づき試合のレベルについても言及したくなる。Jリーグの上位対決。CLなど欧州のトップと比べて何が違っていたか。

 Jリーグにおける他の一般的な試合より楽しめたことは確かだ。川崎F、名古屋以外のファンにも十分訴求する力があった。しかし、片方が攻めると片方が守る試合で、高い位置でお互いがつばぜり合いを繰り広げた試合だったかと言えばそうではない。物足りなさを感じたとすればそこになる。まだまだ緩い試合だった。

 試合のレベル、競技のレベル、選手の技術レベルは、プレッシングの度合いに比例して向上する。ボール操作に時間的余裕がない、厳しい環境に身を置かれれば置かれるほど上達する。競技的な魅力の最大値を更新し続けている欧州サッカーを見ていると、そう思わずにはいられない。プレッシングは競技力向上の原動力として、欧州サッカー史に強い影響を与え続けてきた。

 今季、一番の推進役を演じたのはリバプールになる。逆転劇を生んだ理由でもある。高い位置から行くその圧倒的な姿勢により、サッカーの魅力はいっそう浮き彫りになった。

 リバプールとプレッシングとCL。この3つのお題から想起するのは、イスタンブールで行われた04-05シーズンの決勝だ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年5月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2019年5月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    突然、受けた癌の告知。それを克服した父・矢作芳人と見守った娘の物語 平松さとし6/20(木) 6:30
  2. 2
    ミシェルも復帰のゴルフ全米女子プロ「韓国勢メジャー連勝」か、それとも? 慎武宏6/20(木) 11:40
  3. 3
    野茂英雄に続き、アジア生まれ2人目のオールスター先発投手が誕生する!? 宇根夏樹6/20(木) 13:16
  4. 4
    デビッド・オルティス氏銃撃は誤射だと判明! 犯行グループの真の狙いは隣にいた友人だった 菊地慶剛6/20(木) 10:37
  5. 5
    近年元気のない千葉経大付。元西武・森博幸監督の就任で復活へ 楊順行6/20(木) 0:01
  6. 6
    井岡一翔が日本人初の4階級制覇 流れを変えたのはピンチの第7Rだった 木村悠6/20(木) 11:04
  7. 7
    八村塁の来季年俸は最大4億3000万円?! ドラフト1巡目指名選手の年俸額を決めるNBA独特のルール 菊地慶剛6/20(木) 15:41
  8. 8
    内藤大助が語る井岡一翔の強さ「もっとも戦いたくない相手」その理由とは 木村悠6/17(月) 6:00
  9. 9
    ブロンクスの夜空に「あとひとつ」が流れた日。ヤンキース・田中将大投手の本拠地初完封勝利の舞台裏。 一村順子6/20(木) 0:37
  10. 10
    アルゼンチン人コーチが語る「こんな無様な日本代表では、もうコパ・アメリカからお呼びがかからない!」 林壮一6/19(水) 0:01