J副理事長の原博実氏以外「PKです!」とハッキリ言えない世の中を心配する

(写真:ロイター/アフロ)

 日本はまだサッカーといい感じで向き合うことができていない。ルヴァンカップ決勝を巡る報道を見ながら改めてそう思った。

 さいたまスタジアムで行われた、横浜Fマリノス対湘南ベルマーレの一戦。1-0で湘南が勝利した試合だが、第3者的には、試合のハイライトは後半33分のシーンになる。湘南のペナルティエリア内で、同チームのMF岡本拓也が、その右足で横浜FWイッペイ・シノズカの足を引っかけ、転倒させたかに見えたシーンだ。

 木村主審の判定はノーファウル。挙げ句、抗議に詰め寄った扇原貴宏にはイエローカードが翳される始末で、現場が、横浜サポーター席の目の前だった事も手伝い、瞬間、スタジアムは大きな騒ぎになった。

 PKを取られても納得するしかない、ブラック度85%と言いたくなるプレー。誤審とは言わないが、このプレーをファウルに取らない主審は、横浜に対して厳しすぎ。湘南に対しては甘過ぎだ。少なくとも「微妙」ではない。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2018年10月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    大接戦に終わったJRA初の無観客G1は、武豊が思わぬ形でキーになっていた?! 平松さとし3/30(月) 6:30
  2. 2
    サッカー五輪年齢制限の渦中 マリティモ・前田大然が緊急インタビューで明かした本音 元川悦子3/30(月) 9:00
  3. 3
    楽天が活動休止を発表! 今こそNPBがイニシアチブをとるべき時ではないのか? 菊地慶剛3/30(月) 12:25
  4. 4
    二塁打の球団記録。本塁打も二塁打も球団最多は、読売の王とあと1人… 宇根夏樹3/30(月) 7:00
  5. 5
    五輪延期で男子サッカーに起きた年齢資格の問題。97年生まれの選手はA代表を目指して欲しい。 河治良幸3/30(月) 11:25
  6. 6
    今シーズンのF1選手権、全レース開催見送りか? 国沢光宏3/29(日) 22:14
  7. 7
    追加費用は納税者も負担? 縮小オリンピック・パラリンピックは恥ではない。五輪史研究者に聞きました 谷口輝世子3/30(月) 6:30
  8. 8
    「入れ替え戦中止」に物申す! バレーボール・Vリーグの決定に北の大地から異議を唱えた男・池田憲士郎氏 上野直彦3/30(月) 11:05
  9. 9
    F1、MotoGPなどプロレーサー達が「eスポーツ」参戦!コロナを避け、自宅グランプリが話題に。 辻野ヒロシ3/30(月) 17:32
  10. 10
    今週末が日本での最後の騎乗になるかもしれない外国人騎手の亡き親友との後日談 平松さとし3/25(水) 6:30