現代サッカーにおける両サイドバックの重要性とNZ戦、ハイチ戦に見る日本代表の現状

写真:岸本勉/PICSPORT

 3-3に終わったハイチ戦後、「私は監督を長くやってきましたが、こんなに内容が悪い試合を見たことはない」と吐き捨てたハリルホジッチ。だが、その4日前のニュージーランド戦(2-1)も、かなりひどい内容だった。2得点のうち1点はPK。相手DFの手に、山口蛍のミドルシュートが当たって得たものだが、そのシュートが向かった先は、GKの正面だった。

 相手の力、そしてニュージーランド戦を従来のスタメン組で、ハイチ戦をサブ組で戦った事実を考慮すれば、むしろ引き分けたハイチ戦の方に救いはある。「こんな試合は初めてだ」と、ハイチ戦の不出来を強調すれば、苦戦したニュージーランド戦の悪い印象は、ともすれば薄れがちだ。ハイチ戦に気を取られすぎていては本質を見誤る。

 ハイチ戦。相手の守備がガタガタだったので褒めすぎは禁物だが、その前半の戦いに限れば、むしろニュージーランド戦を上回っていた。

「サッカーはサイドバックが活躍した方が勝つ」

「現代サッカーのキープレーヤーはサイドバック」

 これは、欧州取材を通して多くの監督、評論家から聞かされた見解だ。最近の顕著な例は、パリSG対バイエルン戦(チャンピオンズリーグ第2週)におけるダニ・アウベスだ。パリSGの3ゴールすべてに絡む大活躍。パリSGの勝利は、彼の存在なしには語れなかった。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年10月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2017年10月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    奇抜なヘアスタイルも話題の韓国GKは何者?不甲斐ないスウェーデン戦の「唯一の収穫」 慎武宏6/19(火) 7:07
  2. 2
    ロシアW杯5日目。格上の「強さ」と格下の「無力感」。単調・単発の韓国の攻撃は日本にも共通か? 木村浩嗣6/19(火) 19:21
  3. 3
    【W杯現地レポート】日本戦の前日に訪れた「関心度最低ゲーム」、韓国ースウェーデン戦で感じた”熱量” 吉崎エイジーニョ6/19(火) 19:05
  4. 4
    「私は助けられた。ともにある、ことを伝えてほしい」フィリップ・トルシエから日本代表サポーターへの願い 浅野祐介6/19(火) 17:35
  5. 5
    2試合続けての5盗塁!しかし2試合続けて満塁弾も浴びました…《6/17 阪神ファーム》  岡本育子6/19(火) 18:00
  6. 6
    イタリアに連勝できなかったジャパンの本当の「敗因」は、アタックの無策? 永田洋光6/19(火) 4:26
  7. 7
    ロシアW杯コロンビア戦、西野ジャパンが踏んではならない轍とは? 小宮良之6/19(火) 11:00
  8. 8
    埼スタで誓ったロシアW杯。原口元気と槙野智章がかなえる夢 矢内由美子6/19(火) 7:00
  9. 9
    ロシアW杯4日目。日本はメキシコになるべきか? ブラジルの驕りと意外なプランBの不在 木村浩嗣6/18(月) 20:52
  10. 10
    成績不振、不仲説、無関心…韓国代表のロシア戦記の始まり 慎武宏6/18(月) 18:04