「鹿島対セビージャ」でMOMに輝いた安部裕葵がU-20チームに選ばれない不思議

(写真:築田 純/アフロスポーツ)

 先日、鹿島がセビージャと対戦した親善試合を観戦に出かけた。

 鹿島とスペインリーグ勢の対戦で思い出すのが、昨年12月のクラブW杯だ。決勝でレアル・マドリーと対戦し、90分の戦いでは2-2。番狂わせ寸前まで欧州チャンピオンを追い込んだ一戦だ。

 個人の技量で大きく上回る相手に、どんな手法で対抗するか。セビージャも、レアル・マドリーと同じ路線を行く技術系のチームだ。スケールではマドリーに劣るが、好チーム度では上回る。昨年末のクラブW杯で、好チームぶりを発揮した鹿島とセビージャとの一戦は(レベルの差こそあれ)、まさに好チーム系同士の好カードと言ってよかった。

 結果は2-0で鹿島。はなし半分に聞くべき親善試合の結果ながら、両者のレベル差を考えれば、鹿島の試合巧者ぶりは褒められていい。圧倒的なボール支配を許しながらもパニックに陥らない。焦らず冷静な対応ができるところに、他のJクラブとの差を感じた。

 GK曽ヶ端が大当たりしたことも確かだった。そのマンオブザマッチ級の活躍がなければ、結果は違うものになっていた。また、後半17分に交替で出場し、結果に直結する2ゴールをマークした鈴木優磨も有力候補だった。

 しかし、実際に選ばれた選手は、曽ヶ端でも鈴木でもなかった。安部裕葵(ひろき)。意外と言えば意外だが、彼は少なくともアタッカー陣の中で、この日一番のビッグプレイを発揮していた。

 今春、瀬戸内高校(広島)から加入した高卒ルーキーだ。と言えば、当メルマガの読者ならご記憶に新しいと思う。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年7月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2017年7月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    U-23日本代表の惨敗がA代表に及ぼす影響とは 深刻な事態に直面した森保体制の今後 元川悦子1/17(金) 10:00
  2. 2
    はじめの一歩の誕生秘話「ボクシング漫画はずっとやりたくなくて」作者が語る驚きの経緯 木村悠1/17(金) 6:00
  3. 3
    アルゼンチン人コーチが語る「U23アジア選手権を振り返って」 林壮一1/17(金) 0:01
  4. 4
    カープV戦士から韓国で悲劇のエースに 故・福士元投手を描いた映像作品を美大生が公開 室井昌也1/17(金) 11:28
  5. 5
    必見! パリ・サンジェルマンが脅威の「ファンタスティック4」を生かすトゥヘルの新戦術で独走態勢 中山淳1/17(金) 11:30
  6. 6
    トヨタ・ヤリスWRCを社長が自らドライブし、観衆が大興奮!トヨタが切り拓く新しい道。 辻野ヒロシ1/17(金) 16:40
  7. 7
    ローマの「呪い」に襲われたザニオーロ、20歳の至宝を勇気づけた主将のクロワッサン 中村大晃1/17(金) 7:34
  8. 8
    日本代表の強化指針「ジャパンズウェイ」は誰が発案し、なぜ復活したのか? 宇都宮徹壱1/16(木) 9:06
  9. 9
    課題は選手でなくチームのプロ化 ラグビー界がサバイバルするための道 大島和人1/16(木) 11:35
  10. 10
    橋岡大樹、小川航基、田中碧、齊藤未月……東京五輪の切符をつかむのは誰? 清水英斗1/16(木) 17:46