大迫勇也が醸す大きな可能性

大迫の2ゴールで鹿島が横浜に逆転勝ちした。柿谷もいいけど、大迫も悪くない。大迫の印象はここに来て急激に上昇している。最も気になる存在と言ってもいいかもしれない。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2013年8月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2013年8月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    井上尚弥の最強ランキング3位は正当な評価か?真価が問われるWBSS制覇後の戦い 三浦勝夫11/19(火) 7:59
  2. 2
    浅草寺や比叡山も? お坊さんが日本最強のスポーツ「カバディ」とは 平野貴也11/19(火) 8:00
  3. 3
    「プレミア12」決勝で韓国はなぜ侍ジャパンを相手に“日本キラー”を登板させなかったのか? 金明昱11/18(月) 9:14
  4. 4
    「プロ野球選手になりたい!」―BCリーグのトライアウトより 土井麻由実11/19(火) 11:30
  5. 5
    中国に新プロ野球リーグ発足。謎の新リーグCNBLのマネジメントを手掛ける日本人企業家(前編) 阿佐智11/19(火) 8:00
  6. 6
    サッカー韓国代表がブラジル代表とUAEで対戦することになった背景 慎武宏11/19(火) 19:15
  7. 7
    韓国代表はなぜUAEで南米の強豪ブラジル代表と親善試合をすることになったのか? 金明昱11/19(火) 16:16
  8. 8
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  9. 9
    森保ジャパンはベネズエラ代表と対戦。相手は”南米最弱”ではない 小宮良之11/19(火) 11:30
  10. 10
    オグリキャップとホーリックスが競り合ったジャパンC。当時のジョッキーに話を伺い、感じた事とは…… 平松さとし11/19(火) 6:30