強い下層寒気の中、南岸低気圧が通過へ

予想天気図と上空の寒気(ウェザーマップ)
予想天気図と上空の寒気(ウェザーマップ)

南岸低気圧に伴う雨や雪の最新情報をお伝えします。

予想天気図にある通り、あす6日(木)は、前線を伴った低気圧が日本の南海上を通過し、太平洋側で雨や雪が予想されています。

南岸低気圧に伴う平野部の降雪は、上空1500メートル付近の-3度以下の下層寒気が目安となりますが、あすはこの下層寒気が東日本を中心に流れ込み、さらにこれよりも低い最下層にも強い寒気が流れ込みますので、降れば関東など東日本では雪の可能性が高く、西日本でも山地を中心に雪となる範囲が増える見込みです。

ただ難しいのは降水量です。

西日本の降水量は比較的まとまる可能性が高いものの、関東など東日本にはどれ位の降水域がかかるのか、現状でもはっきりとしていません。

特に関東の降水量を左右するのは、南岸低気圧の北側に出現する”隠れ小低気圧”の存在があります。

南岸低気圧の北側に”隠れ小低気圧”が出現か?

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

あす6日(木)午前9時の雨や雪の予想をみると、九州の南東海上に主力の南岸低気圧が予想されており、これに伴う降水域が午前中にかけて太平洋側を中心とした西日本にかかる見込みです。

気温の低い九州北部四国の山地では雪になる可能性が高く、あす午前中にかけて、多い所では10センチから15センチの降雪予想が出されており、平地でも雪の積もる所がありそうですから、要注意です。

そして注目は主力の南岸低気圧とは別に予想天気図では解析されない程度の隠れ小低気圧(風のぶつかり)の存在で、東海沖に計算されています。

昼頃には関東でもちらつき始める?

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

あす6日(木)正午になると、西日本の降雪はほぼ峠を越え、今度は東日本へ移ってきます。

ただ主力となる南岸低気圧の降水域は南の海上が中心で、あまり陸地には広がらない予想ですが、これとは別に東海沖に隠れている小さな低気圧に伴う降水域が東海や関東の南岸にかかる予想です。

この隠れ小低気圧の予想は非常に難しく、時には主力の南岸低気圧よりもしっかりとした降水をもたらし、思わぬ大雪をもたらすことがある一方、あまり顕在化しなければ、関東南岸などに少し雪をちらつかせる程度で終わることもよくあるのです。

関東は夕方頃にピークとなる可能性

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

今のところ、この隠れ小低気圧の降水域があす6日(木)夕方頃には関東南部へ広がる可能性が計算されており、降れば都心でも雪となる可能性が高いため、降水量がわずかでも、芝生などにうっすらと積もる可能性が考えられます。

気象庁からきょう夕方、関東地方に雪に関する情報が出され、多い所で、関東南部の平地で1センチ、山地で3センチの降雪予想となっており、東京23区でもうっすらと積もる所があるという発表になっています。

また、少々当たり前の感じはありますが、予想より降水量が多く、気温が低くなった場合には、降雪量が増える(大雪)おそれがあるとの発表にもなっており、これも難解な隠れ小低気圧の存在があると思われます。

帰宅時間には終了へ

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

関東地方の降雪は、仮に降ったとしても、6日(木)の帰宅時間、午後7時か午後8時頃までとなり、その後、隠れ小低気圧に伴う降水域は東の海上へ抜ける見込みです。

東京は最高気温が4度の極寒予想

東京都心の時系列予報(気象庁)
東京都心の時系列予報(気象庁)

気象庁が発表した東京都心の時系列予報によると、雪マークはなく、すべて曇りマークとなっていますが、昼前から夕方は、所により雪か雨で、1ミリ以上の降水確率は30%と発表されています。

上述した隠れ小低気圧の存在如何で、降るか降らぬか微妙な予報となっています。ただ最高気温は4度と極寒が予想されていますので、雪はあまり降らずとも、寒さには注意が必要です。