今週後半にかけて初夏から冬に逆戻り、26日(金)は東京などで降雪の可能性も?

力強い太陽(写真:アフロ)

季節外れの初夏の陽気

21日(日)の最高気温(気象庁より)
21日(日)の最高気温(気象庁より)

上空に流れ込む暖気の影響で、おととい20日(土)から気温が急上昇し、上図の通り、きのう21日(日)は関東から九州にかけて広く20度を超え、2月の観測史上1位の暖かさを更新した所も多くなりました。

この暖かさはきょう22日(月)にかけてピークとなり、関東から九州にかけて、2日連続で20度以上となる所も多いでしょう。

きょうも多くの所で、2月の記録を更新する所が出るかもしれません。

しかし、2月に入ってから続いている寒暖差の大きい傾向はまだまだ続き、あす23日(火)以降、今週後半にかけては一気に寒くなりそうです。

しかも26日(金)は南の海上に顕在化する低気圧次第で、東京などで降雪の計算も出ています。

北日本中心に強烈寒気襲来へ

上空1500メートル付近の気温予想(ウェザーマップ)
上空1500メートル付近の気温予想(ウェザーマップ)

上空1500メートル付近の気温の予想をご覧ください。

きょう22日(月)は日本列島赤一色で、場所によっては平年より10度前後も高い暖気に覆われている状態です。上空1500メートル付近の気温は地上の気温と密接な関係があり、晴れれば地上の気温は上空より15度前後高くなります。

現在上空には6度以上の暖気が流れ込んでいますので、地上では20度以上の季節外れの陽気が続出するのも当然の結果とも言えます。

ところがあす23日(火)以降は、大陸から北日本を中心に強烈な寒気が流れ込み、あさって24日(水)は平年より低いことをあらわす青色が支配する状態となり、場所によっては2日間で上空の気温が20度も急降下する所もあるでしょう。

北日本や北陸は雪が降り、吹雪や大雪となる所もありますので、警戒が必要です。

また26日(金)は上空の寒気は抜けつつありますが、一方で南の海上を低気圧が通過する可能性があり、この寒気と低気圧の兼ね合い次第では東京など太平洋側でも雨に雪が混じるような所があるかもしれません。

先週もそうでしたが、この激しすぎる寒暖差に要注意です。

26日(金)は東京で降雪の可能性

週間予報(ウェザーマップ)
週間予報(ウェザーマップ)

ウェザーマップが発表している週間予報によると、26日(金)は太平洋側でも天気が崩れ、東京や横浜では一時的に雪か雨、名古屋や大阪でも一時的に雨か雪が降る予想となっています。

最新の雪(少しでも降るみぞれを含む)の確率をみると、東京で30%位、名古屋や大阪では10%位とみられ、決して高くはありませんが、下層寒気の残りやすい関東周辺ではやや高い確率となっています。

今後、南の海上に低気圧が顕在化するかしないかなどによって予想はかなりブレがある状態ですが、いずれにしても冬の寒さが戻ることは間違いありません。

激しすぎる寒暖差に体調を崩さぬようご注意ください。